Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

三菱

107件の記事があります

「キッザニア東京」の三菱出展パビリオンがリニューアルオープン
MITSUBISHI
三菱 軽商用車「ミニキャブバン」を一部改良
三菱 「アウトランダーPHEV」635台をウクライナ警察向けに納車
三菱 「人とくるまのテクノロジー展」に人工知能技術やアウトランダーPHEVを出展
三菱 「三菱オートギャラリー」がリニューアルオープン
充電スポット検索用純正スマホアプリをAndroid Autoに対応させ配信開始
【有料配信中】 総括座談会 国産メーカーの新世代のクルマづくりを斬る! 1回目

アライアンスの強化とともに、EV、SUVに特化

三菱自動車の自動車製造は1917年に三菱造船神戸造船所でA型乗用車を少量生産したのが起源となる。
財閥解体後の戦後、自動車部門は中日本重工業と改称され、1951年にカイザー・フレーザーのノックダウンとしてヘンリーJを生産。さらに53年からはジープのノックダウン生産を開始。59年から自社開発の軽三輪トラック、60年にはミツビシ500を発売した。

1964年に三菱重工系3社が合併して三菱重工となり、1970年に自動車部門が独立し、現在の三菱自動車となっている。

この間、70年にクライスラーと合弁事業を開始。73年には現代自動車との技術援助契約の締結、91年にはボルボ、オランダ政府と合弁事業契約を結び、ネッドカーをオランダで生産している。

2000年にダイムラー・クライスラーと資本・業務提携を結んでいるが、4年で提携関係は消滅した。技術開発では4輪駆動システムを中心にしたオールホイールコントロール、世界に先駆けたガソリン直噴エンジン、AYC(トルクベクタリング)など独自技術を誇っている。

2009年にテスラ・ロードスターに次いで2番目となるリチウム電池を搭載した電気自動車「i-MiEV」を発売。ミツビシはEVを次世代技術と位置付け、また車種としてはSUVに特化した商品構成表を行なうとしている。

同時に2011年にはニッサンとの合弁で軽自動車開発会社「NMKV」を設立し、ニッサン、ミツビシが共同して軽自動車開発を行ない、ミツビシが生産を開始した。また2013年にルノー・日産アライアンスと生産・技術・生産を共用するプロジェクトに合意。さらにフィアットグループとピックアップトラックの共同開発・生産の業務提携を結ぶなど、グローバルに各メーカーとアライアンスを結んでいる。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる