Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

レクサス

85件の記事があります

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」も標準装備。LEXUS、新型「NX」を上海でワールドプレミア

LEXUSは、中国・上海で2017年4月19日(水)〜28日(金)に開催される第17回上海モーターショー(正式名称「The 17th Shanghai International Automobile Industry …
2017年4月20日

LEXUS ニューヨーク国際オートショーで「LS500 “F SPORT”」をワールドプレミア

LEXUSは、米国・ニューヨークで2017年4月12日〜23日に開催されるニューヨーク国際オートショー(正式名称「New York International Auto Show 2017」)にてフラッグシップセダン「L …
2017年4月13日

LEXUS ニューヨーク国際オートショーに「LS500 “F SPORT”」を出展

レクサスは、米国・ニューヨークで4月12日〜23日に開催される2017年ニューヨーク国際オートショー(正式名称「New York International Auto Show 2017」)において、フラッグシップセダン …
2017年4月6日

LEXUS、上海モーターショー2017に新型NXを出展

LEXUSは、中国・上海で2017年4月19日(水)〜28日(金)に開催される上海モーターショー(正式名称「The 17th Shanghai International Automobile Industry Exhi …
2017年3月31日

レクサス インドへのブランド導入を発表! ハイブリッド中心のラインアップで販売開始

LEXUSは経済発展とともにラグジュアリー車市場が急速に拡大するインドにおいて、専売店4拠点とアフターサービス専門施設4拠点を開設し、RX、ES、LXの3車種の発売を2017年3月24日に開始した。
2017年3月26日

クルマ選び体験をサポートするレクサス車のデジタルショールーム『LEXUS DIGITAL GALLERY』がリニューアル

LEXUSは、提供しているクルマ購入サポートアプリ『LEXUS DIGITAL GALLERY』をリニューアルした。レクサス車のデジタルショールームとして、クルマ選び体験をサポートする機能を2017年3月16日にiOS版 …
2017年3月23日

レクサスLC エグゼクティブのためのフラッグシップ・ラグジュアリー・クーペ

2017年3月16日、レクサスはハイエンドのラグジュアリークーペ、「LC500」、「LC500h」を発売した。レクサスLCは2012年のデトロイト・モーターショーで「LCコンセプト」として出展され、4年後の2016年、同 …
2017年3月16日

レクサス マルチステージハイブリッドシステム採用のLS500hをワールドプレミア

レクサスは、2017年3月7日〜19日にスイスで開催されている2017年ジュネーブモーターショーにおいて、フラッグシップセダン「LS500h」を世界初披露した。
2017年3月9日

【今日の編集後記】秘密のことが多すぎる一週間

今週は人に言えない、言ってはいけないことが多くありました。とは言ってもクルマの情報解禁日が指定されているということで、禁断の極秘情報をつかんだということではありません。。。
2017年2月19日

保護中: 【有料配信中】トヨタの「いいクルマとは何か?」

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
2017年2月17日

トヨタの高級車ブランド・レクサスはグローバルで展開中

レクサスは、トヨタのプレミアムブランドで、1989年からアメリカに導入され、現在では世界65カ国で販売される。日本市場には2005年から導入された。

日本市場への導入にあたり、従来の列販売店から独立したレクサス店を構築し、ブランド戦略を徹底。販売店のデザイン統一、営業マンやサービスマンの教育専門部署を立ち上げるなど、空前の取り組みが行なわれている。

車両の開発はトヨタ社内に設けられたレクサス本部が担当していたが、トヨタの社内組織の改変に伴い、2012年からは社内カンパニーのレクサス・インターナショナルとして独立し、商品企画、デザイン、マーケティング、車両開発を単独で遂行する体制としている。

1989年に最初にアメリカに導入されたのがレクサスLS、ES(カムリのレクサス版)、LSは日本ではセルシオの車名で併売された。LSの開発はメルセデス・ベンツEクラスが性能目標車とされている。LSが実現したNVH性能は当時の水準では突出しており、アメリカ市場で高評価を受けた。

現在のラインアップは、セダン系でLS、GS、ES、IS、HS、CT。SUV系でLX、GX、RX、NSがあり、クーペのRCも展開。今後もさらに新車種を投入し、フルラインアップ化を目指している。
2012年から新たなデザインアイコンとして、スピンドル・グリルを採用し、従来より強い存在感を主張している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる