情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ

262件の記事があります

ホンダ 「SHUTTLE」を一部改良しホンダ センシングを全タイプに標準装備
【フランクフルトショー】ホンダ 「アーバンEVコンセプト」を世界初公開
HONDA
ホンダ 新型「N-BOX」を発売
ホンダ 「アーバンEVコンセプト」のフランクフルトモーターショー出展を発表
ホンダ 「N-BOX」をフルモデルチェンジ 最新技術を投入し軽自動車を超えるクルマづくりに挑む
【ホンダCIVIC復活記念】 待望の10代目新型シビック・タイプR登場 新型シビックの使命 vol.3
【ホンダCIVIC復活記念】 10代目新型シビック詳細解説 新型シビックの使命 vol.2
【ホンダCIVIC復活記念】 ブランド再生を賭け、ゼロからの開発でスタート 新型シビックの使命 vol.1

二輪、四輪を製造しF1への参戦も果たす

現在のホンダの起源となる本田技術研究所は1946年に本田宗一郎により創立され、48年に本田技研工業に改称し、バイク用エンジンを製作。スーパーカブなど二輪事業は大きな成長を遂げた。

1960年に本田技研工業から研究開発を担当する本田技術研究所を分離独立させ、現在に至るまで開発と販売は分離体制としている。

1963年にトラックT360/T500、ホンダS500により4輪車への進出を果たす。1964年からはF1に中村良夫プロジェクトリーダーの下、オリジナルシャシー、エンジンで参戦した。そして2015年、再びF1へエンジン供給を開始する。

四輪では1972年に発売したシビックがヒットし、またこの時期に技術的な課題だったマスキー法をクリアするCVCCエンジンを開発し、さらなる成功を収めた。その後はアコード、シティなどラインアップを拡大。

販売チャンネルは、車種の拡大に伴い、プリモ、クリオ、ベルノの3チャネル体制としたが、2005年に再編され、ホンダカーズとして1本化されている。

海外進出も積極的で1979年にアメリカのオハイオに現地生産工場を開設。またブリティッシュ・レイランド(BL)とも業務提携を行ない、ローバー・ブランドで乗用車を生産した。

1999年に、トヨタ・プリウスに続く2番目のハイブリッド車としてインサイトを発売。その後はハイブリッド車がホンダの基幹車種と位置付けられ、現在はハイブリッド車が9車種、エンジン車が15車種というラインアップを展開している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる