Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

category

ボルボ

91件の記事があります

生誕40周年を迎えたボルボ初の2ドアクーペ、262Cって?ボルボの歴史探訪

ボルボの260シリーズと聞いて、その姿をイメージできたあなたは相当な自動車ファン。古いボルボといえば、240シリーズを思い浮かべる人が多いことだろう。日本でも人気を集め、いまだに根強いファンがいる240シリーズは、こちら …
2017年3月25日

ボルボ デザイナーが最新のボルボ・デザインの哲学と戦略を語る

2017年2月23日、ボルボの最新のデザインを手がけてきたボルボカー・グループのデザイン部門バイスプレジデントであり、現在は上海デザインセンター長のジョナサン・ディズリー氏が来日し、メディ向けに最新のボルボ、XC90、S …
2017年3月23日

ボルボ 新型XC60発表。日本導入が待ち遠しい

スウェーデンのボルボ・カーズは、先ごろ開催されたジュネーブモーターショーで、2代目となる新型「XC60」を発表した。2008年にデビューした初代XC60は発売から9年連続でボルボ・ラインアップのベストセラーモデルとなり、 …
2017年3月16日

【コラム】ボルボのシートは「安全カプセル」~「ボルボS90/V90/V90クロスカントリー/XC90」@吉田由美

VOL79.吉田由美のピンポイント&チャームポイント このところのボルボ、もの凄く楽しくて素敵! エクステリアのデザインはコンセプトカー並みにカッコイイし、インテリアは北欧テイストで、相変わらずお洒落。しかも素材やデザイ …
2017年3月9日

【今日の編集後記】衝撃の美女と一夜を

  先週から一転、穏やかな一週間を過ごしました。気候も春の陽気が混ざり始めているようで三寒四温になりつつあるのかもしれません。
2017年2月26日

[スローニュース」]ボルボ 新型90シリーズ「S90、V90、V90クロスカントリー」3車種を発売

2017年2月22日、ボルボ・ジャパンは最上級モデルとなるフラッグシップ・セダンS90、プレミアム・エステートV90、プレミアム・クロスオーバーV90 クロスカントリーを発表し、同日から発売を開始した。
2017年2月23日

新型ボルボS90/V90 試乗レポート ラグジュアリーカーの常識に挑戦する新型ボルボ

新型ボルボS90/V90はこちらで詳解しているが、実際の試乗レポートをお伝えしよう。試乗は横浜みなとみらいをベースに首都高速や一般道を使ってのルートを試乗。デザインの秀逸さだけでなく、その走りも魅力的であった。<レポート …
2017年2月22日

[スローニュース] ボルボ S90/V90 独創的な価値観をラグジュアリークラスに新構築

2017年2月23日、ボルボは新型セダン「S90」、ステーションワゴン「V90」を発表した。ボルボのトップレンジを形成する「90」シリーズは、まず2016年1月にXC90を発売し、約1年遅れて、セダンとステーションワゴン …
2017年2月22日

ボルボ ひと味違った北欧デザインが魅力のV40を200台限定発売

ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムショートワゴンの「V40」に特別限定車の「アマゾンブルー・エディション」を設定し、200台限定で2017年2月16日より販売を開始した。
2017年2月20日

保護中: 【有料配信中】自動運転はどこまで進んでいるのか?レベル分けって何?

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
2017年2月10日

スポーツプレミアムブランドへとシフトしているボルボブランド

ボルボはスウェーデンの重工業グループであるが、その起源は1927年にスウェーデンのベアリングメーカー、SKF社の支援によりイエティボリで乗用車を生産したことに始まる。翌年に発売したトラックが成功を収め、その後事業規模を拡大した。1944年に発表した小型車「PV444」が戦後世界的な成功を収め、信頼性/耐久性で高い評価を獲得している。その後はボルボ・グループとして成長。乗用車としてはPV544、120(アマゾン)、144、300、400、700といったシリーズを送り出している。

1975年にはオランダの自動車メーカーDAFを買収した。また、1982年にはボルボ初のFF車、850を発売。しかし、高コスト体質のボルボ車の事業は厳しかったため、ボルボ・グループは自動車部門をフォードに売却し、それ以降はボルボの自動車部門はボルボ・カーズという社名になっている。フォード傘下ではジャガー、ランドローバー、アストンマーティンなどと合わせプレミアム・オートモーティブ・グループの1部門となった。

ところが2007年以降のフォードの経営危機により、2008年にボルボ・カーズは中国の浙江吉利控股集団に売却された。しかしボルボカーズの開発本拠地や工場などは従来通りスウェーデンに所在している。

2012年に登場したV40以降は、新世代化され、デザイナーのピーター・ホルバリーが腕を振るったアグレッシブなスタイルとなり、さらに新世代のSPA(スケーラブル・プラットフォーム・アーキテクチャー)、新開発のDrive-Eエンジンを独自開発し、スウェーデン発のスポーティプレミアム・ブランドとして存在感を高めつつある。

またボルボは、古くから安全性の研究を行ない、時代に先駆けて先進安全技術を投入しており、安全性の分野では世界をリードする存在である。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる