Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アストンマーティン

43件の記事があります

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスターとシューティングブレイクが加わりカルテットを完成
アストンマーティンValkyrie エクステリアとインテリアの秘密を公開
アストンマーティン・レーシング V8 Vantage GTEのミニチュア・バージョンを製作
アストンマーティン DB11にV8エンジン搭載モデルを追加
アストンマーティン 最初の電気自動車の生産を正式発表
アストンマーティン・レーシング ルマン24時間レースでクラス優勝
アストンマーティン史上もっとも成功したモデルのAMRモデルが生産を開始
Vantage GT8がニュルブルクリンク24時間レースSP8クラスで優勝
ASTON MARTIN

ボンドカーで象徴される英国高級スポーティカー

アストンマーティンは1913年創業の英国の高級スポーティカーメーカー。
製造の多くを熟練した職人による行程を多く含むクルマ造りは、高く評価されている。アストンマーティンは映画007シリーズのボンドカーとしてDB5などが使用されたことは有名。「ゴールドフィンガー」「サンダーボール作戦」「ゴールデンアイ」「トゥモロー・ネバー・ダイ」「カジノ・ロワイヤル」そして2014年公開の「スカイフォール」にも使用されている。

実業家デビット・ブラウンが経営していた時代は、モデルに自信のイニシャルをもつDBシリーズがあったが70年代に経営破綻している。その後フォードグループ傘下で製造はつづけられ、オーナーが投資家グループになるなど、経営上の混乱は続いている。

2014年現在、日本国内でラインアップするモデルはヴァンキッシュ、ラピードS、ヴァンテージ、DB9などでいずれも1500万円~3500万円以上の超高級スポーティカーを揃えている。

ル・マン24時間レースへの出場や近年では2013年にニュルブルクリンク24時間レースに水素とガソリンのバイフューエルエンジンをラピードSに搭載し出場している。ドライバーは当時CEOであったウルリッヒ・ベッツ氏と日本人ジャーナリスト桂伸一氏がステアリングを握った。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる