情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産 CES2018の出展概要を発表

2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2018年1月7日、新型「日産リーフ」や脳波を活用した運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」など、同社の最新の商品と先進技術をCES2018に出展すると発表した。

ニッサンIMx

ニッサンIMx

日産リーフ

日産リーフ

日産 ローグ2018モデル

ローグ2018モデル

日産 Brain to Vehicle(B2V)技術のヘッドセット

Brain to Vehicle(B2V)技術のヘッドセット

日産の先駆的な研究である「Brain to Vehicle(B2V)」技術は、ドライバーの脳波を測定、解析することで、マニュアル運転時にも自動運転時においてもドライバーの思い通りの運転を実現することをサポートし、ドライビングプレジャーを高めるというもの。あわせて日産は最新のコンセプトカー「ニッサンIMx」、新型「日産リーフ」や2018年モデル「ローグ」も展示する予定。「ニッサンIMx」は、「クルマとドライバーがより繋がり、もっとクルマで移動したくなる」コンセプトに、最新の自動運転技術や、電気自動車ならではのパワフルな動力性能により、これまでにないドライビングプレジャーを提供してくれるものとなっている。

日産自動車副社長のダニエレ・スキラッチ氏は、現地時間1月10日午前10時より開催されるパネルディスカッション“Self-Driving Cars: The Future of Personal Transportation”に登壇(Tech East, Las Vegas Convention Center, North Hall, N257)。また、専務のアルフォンソ・アルバイサ氏は、現地時間1月11日午前10時より開催されるパネルディスカッション“Design Thinking for Your Business”に登壇する(Tech East, Las Vegas Convention Center, South Plaza, 62000)。ルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスでモビリティ&コネクテッドサービスのダイレクターであるクリスチャン・ルデゥ氏は、1月10日の9時30分より開催される“Autonomous Vehicles in the Cities of Tomorrow”に登壇する予定となっている(Tech East, Westgate, Level 1, Pavilion 9)。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる