情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

新型リーフ試乗記 2代目リーフはガソリン車の代替にも成り得るのか!?

2018年1月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型リーフを体験する試乗会があり、参加してきた。航続距離400kmやワンペダルでのドライビングプレジャー、プロパイロットやプロパイロット・パーキングなど先進の技術を搭載しつつ、ガソリン車の代替にも成り得るという新型の実力はどうだったのだろうか。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

日産 リーフ 試乗 フロントイメージ

2代目の新型リーフは航続距離400kmのBEV

2010年に初代リーフが発売されてから7年後の2017年9月6日に、世界一斉同時に新型リーフが発表された。2代目に課せられた役目は、EVのコモディティー化ではないだろうか。改良されたポイントの説明を聞くたびに、そう思うし、新たな魅力も追加して商品の魅力訴求をしていると感じる。

日産 リーフ 試乗 サイドビュー

プラットフォームは初代と共通だが、ルックスは全く別物になった

新型リーフの詳細はすでに記事掲載しているので、ここではポイントを絞ってお伝えしたい。
*詳細記事:日産 航続距離400kmを達成した第2世代の電気自動車「リーフ」が登場

日産 リーフ 試乗 リヤスタイル

ツートーンもあって、洗練された印象で実用車の領域にあると思う

100%電気で走るEV車のリーフが、一般的に使えるクルマである、ということを実現していくには、さまざまな障害、壁があるが、日産は少しずつ乗り越えているように思う。

■充電インフラとバッテリー

一般的にEV車を乗ろうとしたときに気になるのは、航続距離と充電インフラだろう。その点に関し、インフラとしては初代リーフが発売されたときの急速充電器は360基程度だったが、2017年には7100基に増えている。200Vの普通充電器を合わせれば2万8260基にもなる。じつは高速道路において、ガソリンスタンドより数は多いのだ。

日産 リーフ 試乗 充電口

急速充電、200V充電に対応

ガソリンスタンドのあるSA/PAは全体の25%で、急速充電器は40%になる。平均すると40kmごとに急速充電器があることになる。もちろん、充電器の数や充電時間など、まだまだ壁はあるものの、実用領域にきていることを実感できる。

日産 リーフ 試乗 ボンネットと充電口

充電口も車両デザインに溶け込んでスマートになった

また、200Vで6kWの充電器というのも日産では用意しており、最もローコストな200Vの普通充電でも8時間で満充電できる。余談になるが、欧州ではすでに350kWの瞬間充電器というのも存在し、実用化へ向けて加速している。

日産 リーフ 試乗 パワーユニットスペース

ここはモータールームと呼ぶのか?

一方、バッテリーに関しても従来のバッテリーケースサイズのまま、容量アップしている。先代のリーフは30kWだったが新型は40kWまでアップし、初代リーフの航続距離200kmの倍となる、400kmの航続距離を謳っている。

日産 リーフ 試乗 センターコンソール

バッテリーは日産とNECの合弁会社AESC社製で、新しい電極と電解液の工夫をすることで、同じ体積としながら大容量、大出力化を実現したという。

日産 リーフ 試乗 コックピット

EV車だからといって特別な違いはなく、操作系も含めガソリン車からの乗り換えがスムーズにできる

今回の試乗では航続距離のテストはできていないので、何とも言えないが、回生効率の良さを考えると、近距離での日常的な利用であれば、充電頻度はかなり少ないのでは?という印象だ。聞いた話では、往復30km程度の通勤利用だと1週間充電しなくても問題ないという話もあった。

日産 リーフ 試乗 メーター

メーターは特徴的で消費電力や後続可能距離が表示される

こうして考えてみると、日常利用では週一ガソリンスタンドに行くイメージに近く、長距離ドライブであれば高速利用によって航続距離をどんどん伸ばせる環境がかなりのレベルで整備されていることが分かる。もちろん、ナビには近隣の充電ポイントが表示されるので、知らぬ土地でも充電ステーションは確保できるわけだ。

■新型リーフの魅力

こうしたインフラや充電の不満をすこしずつ解決している一方、車両本体にも魅力的な装備を加わえている。そのひとつはe-Pedalだ。ノートe-powerのときに登場したワンペダル操作で、アクセルペダルだけでドライブできるというもの、それが2代目のリーフにも装備されたのだ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる