情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ 新型「X BEE」はワゴンの要素を持つコンパクトサイズ・クロスオーバーSUV

2017年12月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ X BEE

東京モーターショーで参考出品車として登場したX BEE

2017年12月25日、スズキは東京モーターショーでベールを脱いだAセグメントの新型クロスオーバーSUV「X BEE(クロスビー)」を発表した。Aセグメントのラインアップに力を入れるスズキの渾身のクロスオーバーのニューモデルだ。

スズキ X BEE ポジショニングイメージ

スズキ X BEE ポジショニングの特徴

■コンセプトとポジショニング

スズキは、すでにAセグメントではミニバン・タイプのソリオ、クロスオーバーSUVのイグニスをラインアップしているが、新型「X BEE」は、もうひとつのAセグメント・クロスオーバーSUVとして登場した。

スズキ X BEE フロントイメージ

X BEE ハイブリッドMZ FF(キャラバンアイボリー・パールメタリック 2トーン)

スズキ X BEE リヤイメージ

先行したイグニスもクロスオーバーSUVだが、イグニスはスタイリッシュなパーソナルカーとしての性格が強い。それに対し、新型X BEEは、クロスオーバーSUVの要素も取り込んだワゴン、つまり超コンパクトなSUVとワゴンを融合したユニークなクルマなのだ。

スズキ X BEE サイドビュー

そのためX BEEの開発コンセプトは、家族や仲間ともっと遠くに遊びに行きたい、もっと自分らしく人生を楽しみたいという「仲間」、「自分だけのライフスタイル」をキーワードに、Aセグメントの常識を破る広い室内空間と高い利便性、さらにラフロードや雪道での走破性能を追求している。

つまりコンパクトサイズでありながら大人5人が無理なく乗車できるスペースを確保し、使い勝手の良いシートやラゲッジスペース、SUVらしい存在感のあるデザインと4WDモデルを設定することで確かな走破性能を実現している。

スズキ X BEE 特徴

また、最新モデルにふさわしく予防安全技術「スズキ・セーフティサポート」をメーカーオプションとして設定。このシステムには誤発進抑制と、後方障害物に対して自動ブレーキが作動する後退時ブレーキサポートも新たに加え、セーフティサポートカーSワイドに適合させている。

さらにX BEEは、「一目見たら忘れられない、個性的で魅力的な」デザインにこだわっていることもアピールポイントで、「クロスオーバー・ワゴン」というこれまでにない新しいジャンルのAセグメント車と位置付けている。

そのためX BEEは国産車にはライバルがいない。グローバルではフィアット・パンダがかなり近い存在だが、とにかく新しい発想のクルマであり、マーケットでも絶好のポジションに位置するといえる。

■デザイン

X BEEのデザイン・コンセプトは、都会でもアウトドア・シーンでも映えるように考え抜かれたフォルムで、Aセグメントのコンパクトなサイズであるにもかかわらず、大きく、力強く見えることだ。さらにインテリアも含め細部までこだわった作り込みと質感の高さでデザイン的な魅力を高めることを目指している。

スズキ X BEE デザインのポイント

また、軽自動車でヒット作となったハスラーとデザイン・テイストを共有し、新たなスズキのクロスオーバーSUVブランド作りの一翼も担当する。

プロポーションは前後のオーバーハングを徹底的に切り詰め、ロング・キャビンとし、さらにAピラー、フロントガラスの角度を立て、キャビンの広さとキャラクターの強さを表現。またエンジンルームを高くし、サイドのベルトラインも高めることで、堂々とした存在感、大きさを感じさせるようにしている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる