情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ スウェーデンの一般家庭が、自動運転化を目指すボルボの実証実験車で開発サポートを開始

2017年12月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月14日、ボルボ・カーズ本社は同日からスウェーデンの一般家庭の協力による自動運転車の開発を開始すると発表した。モニター家族はイェーテボリ市内の公道で、自動運転車に試乗した感想をボルボ・カーズのエンジニアにフィードバックすることになる。

ボルボ 自動運転の実証実験 一般家庭がモニター参加

ボルボ 自動運転の実証実験 一般家庭がモニター参加 自動運転コントロールユニット

ボルボは、現在のレベル2の運転支援システムから、次のステップはレベル3ではなく、完全自動運転となるレベル4の実現を2021年に実用化することを目指し、実証実験車を公道に投入している。

この自動運転システムの開発は「Drive Meプロジェクト」と名付けられ、スウェーデンのイェーテボリ地区の公道を走る大規模な自動運転実証実験として行なわれている。新しいインテリセーフ・オートパイロット・テクノロジーを搭載した「ボルボXC90」を将来的に総勢100名の一般ユーザーに提供し、開発のためデータの分析を行なう計画で、一般ユーザーが日常の交通環境下で走行することを実験の原則している。

ボルボ 自動運転の実証実験 一般家庭がモニター参加

「Drive Me」プロジェクトに参加するイェーテボリ市在住の最初の2組の家族、ハイン家とシモノフスキー家には、すでにSUV「XC90」が納車され、「Drive Me」をサポートして行く。2018年初めには、さらに3家族が加わり、その後4年間にわたり総勢100名ほどが「Drive Me」に関わる。

ーー両家族は
「このプロジェクトに関与することができて光栄です。多くの命を救うテクノロジー開発に貢献できることを誇りに思います。」とアレックス・ハイン氏(45歳)は語っている。

「Drive Meはボルボ・カーズの重要な研究プロジェクトです。」と、ボルボ・カー・グループ研究開発担当上級副社長のヘンリック・グリーンは話す。「彼らの協力から得られる多くのデータを活かし、より洗練された自動運転テクノロジーの開発を行っていきます。これにより2021年までに完全な自動運転車を提供できると考えています」

ハイン家とシモノフスキー家に納車されたボルボXC90には、最新の運転支援機能と家族の反応をモニターしたり、周囲の道路状況を記録する多数のカメラやセンサーが備え付けられている。

ボルボ 自動運転の実証実験 一般家庭がモニター参加

テストの初期段階では、2組の家族は運転する際にステアリングホイールから手を放すことなく運転する。「Drive Meプロジェクト」の全ての参加者は特別なトレーニングを経て、次第により先進的な運転支援機能を持った車両が提供されることになっている。

ボルボ アーカイブ
ボルボ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる