情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

インフィニティ 新型QX50を発表

2017年11月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2017年11月29日、新型「QX50」を発表した。「QX50」は世界初の技術を搭載し、新開発プラットフォームによって優れたデザインと広々としたキャビンスペースを実現した中型プレミアムSUV。日産は同車をロサンゼルス・オートショー(一般公開日:12月1日~10日)に出展する。

インフィニティ 新型QX50を発表

インフィニティ QX50 フロントイメージ

インフィニティ QX50 リヤスタイル

「QX50」は、「QXスポーツインスピレーション」や「QX50コンセプト」のデザインを忠実に再現し、空力性能に優れたエクステリアにより、インフィニティ独自の「優雅でありながらもパワフル」なデザインをSUVで表現している。新開発プラットフォームを採用した「QX50」は、前輪駆動をベースとしていて、キャビンスペースと荷室の理想的な割合を実現している。 そのキャビンスペースの広さはセグメントトップクラスとなっている。

インフィニティ QX50 インテリア

エンジンは世界初となる量産型の可変圧縮比エンジンである「VCターボ」を搭載。これはピストンの上死点位置をシームレスに変化させることができるマルチリンクシステムを活用したもので、最適な圧縮比に素早く変化することで、2.0Lターボチャージャー付きガソリンエンジンのパワーと、4気筒ディーゼルエンジンの特徴である力強いトルクと高い効率性を併せ持っている。最高出力は200kW(268hp)、最大トルクは380Nm(280Lbft)を発生していて、燃費はV6ガソリンエンジンを搭載していた前モデルとの比較で2WD車は35%、4WD車は30%向上している。

インフィニティ QX50 VCターボエンジン

安全装備では、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」が搭載されている。

主要諸元

<車両諸元 (インチ / mm)>

全長 184.8 / 4,693
全幅 74.9 / 1,903
全高 66.1 / 1,679
ホイールベース 110.2 / 2,800
乗車定員 5 名
駆動方式 2WD / 4WD

<エンジン>

2.0 リッター VC ターボ ガソリンエンジン
種類・シリンダー数 ターボチャージャー付 可変圧縮比4 気筒
総排気量 (cc) 1997 (8:1 CR)〜1970 (14:1)
シリンダー 内径x行程 84.0 x 90.1 mm (8:1 CR)〜84.0 x 88.9 mm (14:1 CR)
圧縮比 8:1〜14:1 (可変)
最高出力 268 hp (200 kW) / 5,600 rpm
最大トルク 280 lb ft (380 Nm) / 4400-4800rpm
バルブ数 16
燃料供給装置 筒内直接噴射+ポート噴射

<トランスミッション>

マニュアルシフトモード付 エクストロニックトランスミッション

<燃費>

2WD 27 マイル/ガロン
4WD 26 マイル/ガロン

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる