情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【繁浩太郎の言いたい放題】 4輪操舵に感激を覚える新型ルノー・メガーヌ登場

2017年11月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマを造ってた人、4輪操舵も経験している人。元ホンダで車両開発統括だった繁浩太郎さんに新型ルノー・メガーヌを試乗してもらいました。どんな感想を持ったのか?さっそくレポートをお届けしましょう。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ

■最新のルノー・メガーヌとは

日本のルノーは「カングー」、「トゥインゴ」など他のメーカーにはない個性のある車種を揃え、その販売は好調でバックオーダーを抱えるほど売れている。さらに、中心車種の「ルーテシア」と「メガーヌ」にはルノー・スポールが手掛ける「R.S.(ルノー・スポール)」というスポーツグレードが存在する。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ フロントイメージ

新型メガーヌは、GTに4輪操舵機能を持たせて登場

「メガーヌ RS トロフィー R」は、2014年にドイツのニュルブルクリンク北コースで、FF最速の7分54秒36を叩き出し、最速タイム競争に火を付けた。その後、2015年3月ホンダ「シビック TYPE R」が7分50秒63で記録を塗り替え、2016年5月に「ゴルフ GTIクラブスポーツS」が7分49秒21を記録している。そして2017年になって、新型「シビック TYPE R」が7分43秒80(Honda測定値)という展開になっているのが現状だ。各社の熾烈な競争は、ファンにはたまらない話題となっている。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ サイドイメージ

ハッチバック(写真)とワゴンタイプのスポーツ・ツアラーがある

しかし、今回の新型ルノー・メガーヌは、単にスポーツ性を追求しただけではなく、市街地走行など普段の走行性能にもこだわって「走りと乗り心地の両立」をめざし、Cセグメントでの存在感を強化させる戦略だと考えられる。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ 4輪操舵概要

その技術の中心が、ハッチバックGT、スポーツ・ツアラー(ワゴン)GTに採用されている電子制御のアクチュエータでタイロッドを動かし後輪を転舵する「4コントロール」、いわゆる4輪操舵システムである。

これは、60km/h以上(スポーツモードでは、時速80km/h以上)では前輪と後輪は同方向に切れ、60km/h未満 (スポーツモードでは、時速80km/h未満)では、逆方向に転舵するもので、ルノー・スポールによってチューニングされており、制御も昔の4輪操舵とは違って細かくなっている。

この「4コントロール」のメリットは、中高速域の走行では機敏なハンドリングになり、低速では最小回転半径が5.2mと小回りができる。さらにコーナリング性能が飛躍的に向上し、その分サスペンション設定を柔らかくできるので乗り心地も向上することにある。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ 1.6Lターボエンジン

エンジンは1.6Lターボで205ps/280Nm。他に1.2Lターボもある

ドライブモードとして、「スポーツ」、「ニュートラル」、「コンフォート」、「パーソナル」と4つを選ぶこともできて、「走りと乗り心地の両立」が際立っている。
そのエンジンは、GTとスポーツ・ツアラーGTに1.6L直噴ターボエンジンを搭載し、最高出力205ps/6000rpm、最大トルク280Nm/2400rpmを発生する。エントリーグレードのGT-Lineが1.2L直噴ターボエンジンで、最高出力132ps/5500rpm、最大トルク205Nm/2000rpmだ。これらに電子制御7速デュアルクラッチ (7EDC)トランスミッションが組み合わされる。

「走りと乗り心地の両立」だけでなく、今回初の装備となるミリ波レーダーとフロントカメラ、超音波センサーで構成された運転支援システム(ADAS)など、安全性から使い勝手まで十分な装備も万全だ。

■デザイン

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ フロントイメージ

エクステリアデザインを見ると、先代モデルに比べ、フロントフェンダーが長くなり、ドア下部の凹みはより鋭くなり、さらにCシェイプとメーカーが呼ぶ、ヘッドライトとバンパー両サイドのエアーインテークのデザイン、幅広で深みのあるLEDテールライトなど、よりルノーの個性を際立たせ、全体的にプレミアム感のあるデザインとなっている。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ フロントフェイス

インテリア・デザインでは、インパネ全体を少し起こして立てており、ドライバーは心地よい包まれ感で運転に集中できる。また、メーターの見やすさ、マルチファンクション・タッチスクリーン、さらにアルカンターラのスポーツシート(GT/ツアラーGT)など、スポーティさと上質さを両取りしたインテリアとなっている。

繁浩太郎の言いたい放題 ルノー メガーヌ コックピット

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる