情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

2018年シーズンに向けてアストンマーティン・レーシング ヴァンテージ GTEデビュー

2017年11月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンは11月21日、ブランド史上最高の販売台数を記録したモデルの後継車、新型ヴァンテージ(Vantage)を初公開した。さらに、アストンマーティン・レーシング(AMR)から、新しいレースモデルとなるヴァンテージ GTEも発表された。

アストンマーティン・レーシング ヴァンテージ GTE 新型ヴァンテージ

これは、AMRのチーム史上最も華々しい成功を収めたモデルとして、ル・マン24時間でも複数のクラス優勝を遂げたV8 ヴァンテージ GTEに代わり、今後FIA世界耐久選手権(WEC)を戦うことになるクルマだ。

アストンマーティン・レーシング ヴァンテージ GTE

アストンマーティン・レーシング ヴァンテージ GTE リヤスタイル

FIAにより厳密に規定されたGTEクラスのレギュレーションに従って設計された新しいヴァンテージ GTEは、パワートレイン、シャシー、エアロダイナミクスを徹底して最適化することで、ロードカーである新型ヴァンテージのデザインと運動性能を、かつてないレベルにまで昇華させている。新型ヴァンテージはまだ発表されたばかりだが、新しいヴァンテージ GTEの開発はすでに大きく進展している。これまでに13000kmの走行テストが完了し、そのなかにはスペイン・ナヴァーラのサーキットでの30時間連続走行も含まれている。ヴァンテージ GTEのテスト車両はまた、路面状況が厳しいことで定評のある米国フロリダ州のセブリング・サーキットでも、過酷な耐久試験に供された。テスト・プログラムには、アストンマーティン・レーシングに現在所属するプロドライバー全員が参加している。

アストンマーティン・レーシング ヴァンテージ GTE コックピット

このような走行試験を通じて、新しいヴァンテージ GTEの卓越した信頼性が、ごく短期間のうちに立証されることになった。同時に複数のドライバーから、新しいヴァンテージ GTEは従来のV8 ヴァンテージ GTEよりも限界域でのコントロール性が優れているという報告もなされていると言う。プロに交じってトップレベルのアマチュアドライバーも多数参戦するGTE Amクラスにおいては、こうした特性は大きな強みとなるはずだ。ヴァンテージ GTEに搭載するためにアストンマーティン・レーシングによって改良されたメルセデスAMG製ターボチャージャー付き4.0L V8エンジンは、アストンマーティン・レーシングのエンジニアとワークスチームのドライバーが協力して集中的な作業を行い、ドライバビリティとパフォーマンスの最適化に取り組んだ。

また、アストンマーティン・レーシングは今回の開発を通じて、新しいテクニカルパートナーと協力関係を結んでいる。ブレーキシステムについてはアルコンが、サスペンションに関してはオーリンズが、専用タイヤの開発に関してはミシュランがそれぞれパートナーとなって、ヴァンテージ GTEがその持てるパフォーマンスを最大限発揮できるようノウハウを結集。

デビュー後は、従来のモデルを上回る活躍を見せてくれることだろう。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる