情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ベントレー 新型コンチネンタルGT3レースカーを発表

2017年11月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベントレーモータースポーツは、2018年のモータースポーツシーズンに向けて、開発中の全く新しいコンチネンタルGT3レースカーを発表した。

ベントレー 新型コンチネンタルGT3レースカーを発表

第2世代のコンチネンタルGT3は、4½リットルやスピードシックス、スピード8ルマンなど、かつての優勝マシンを生み出したベントレーモータースポーツの流れをくむ最新のレース専用車両となる。第1世代のコンチネンタルGT3は、今日までに世界中の528レースで120のポディウムを獲得し、45戦での勝利を記録。耐久レースでのシリーズチャンピオンシップを獲得したことでその実力が証明されている。

ベントレー コンチネンタルGT3

新車の開発は、ベントレーのモータースポーツのテクニカルパートナーであるM-Sportのデザイナー、技術者とともに、ベントレーモータースポーツ社のクルーに拠点を置く社内チームのエンジニアによって行われた。新型コンチネンタルGT3は、新型コンチネンタルGTの市販車をベース設計されており、主にアルミニウム構造を用い、1300 kgを大幅に下回るレース車重、レースのための理想的な重量配分を実現している。

ベントレー コンチネンタルGT3 サイドイメージ

エンジンは、完全に再設計されたドライサンプシステムと全く新しい吸排気システムを備えた、ベントレーの4.0LのツインターボV8の新開発エンジンを搭載。制限を受けない中での馬力は550psを超える。

ダウンフォースを強化する、より筋肉質になったボディー形状とウイング類は、市販車の形状をベースとしているが、風洞実験によって開発されたもの。サスペンションとブレーキシステムは新しく、コンチネンタルGT3特注品だ。

ベントレー コンチネンタルGT3 リヤイメージ

新型のレースカーは、英国、フランス、ポルトガルで6ヶ月のテストプログラムをすでに開始している。今後は、24時間耐久レースシミュレーションが行われる予定。
新型コンチネンタルGT3は、モンツァで開催される2018年のブランパンGTシリーズ耐久戦のオープニングラウンドでレースデビューを果たすことが予定されている。新しい開発プログラムの情報、そして2018年のドライバーのラインナップは、ベントレーモータースポーツからスケジュールに合わせて発表される予定となっている。カスタマーに向けた販売は2018年6月に開始される。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる