情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 「アウトランダーPHEV」の特別仕様車「G リミテッド エディション」を発売

2017年11月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱は、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「G リミテッド エディション」を設定し、全国の系列販売会社を通じて2017年11月16日から販売を開始する。

三菱 アウトランダーPHEV Gリミテッドエディション

Gリミテッドエディションは、ベーシックグレードの「M」をベース車とし、価格を抑えながらも予防安全技術「e-Assist」や、100V AC電源(1500W)など、装備の充実を図ったモデルとなっている。

予防安全技術のe-Assistは、以下を標準装備。サポカー対象とした。

・衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)は、前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減または回避。
・車線逸脱警報システム(LDW)は、車線を外れそうになると警報で注意を促す。
・レーダークルーズコントロールシステム(ACC)は、認識した先行車の減速・停止に自動追従し、設定した車間距離を保ち、衝突の危険性を減らす。
・オートマチックハイビーム(AHB)は、対向車両・前方車両の有無、道路周辺の明るさなどに合わせ、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を高める。

また、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制し衝突被害を軽減する誤発進抑制機能(UMS)と、パーキングセンサー(フロント/リア)がメーカーセットオプションとして設定される。これにより、サポカーSワイド対象となる。

ちなみにサポカー(セーフティ・サポートカー)は、安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマのこと。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる、交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトで、搭載機能に応じて「サポカー」「サポカーS(ベーシック、ベーシック+、ワイド)」に区分される。

100V AC電源(1500W)は、装着率約80%という人気メーカーオプションとなっているが、G リミテッド エディションではこれを標準装備。外出時や非常時に駆動用バッテリーに充電した電力によって、情報機器や生活家電などを利用することができる。

またステアリングヒーターや自動防眩ルームミラー、雨滴感応オートワイパーも装備。快適なドライブをサポートする。

エクステリアでは、18インチラウンドリムタイプアルミホイール、225/55R18タイヤ(マッド&スノー)、LEDフォグランプを採用。高級感のある外観としている。またボディカラーは、ホワイトパール(消費税込み32,400円の有料色)、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリックの全3色展開とした。

詳しくは「アウトランダーPHEV」車種サイトを参照。

三菱 アウトランダーPHEV Gリミテッドエディション 価格表

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる