情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マレーシアで国民車「マイヴィ」をフルモデルチェンジ! 衝突回避支援システム“スマアシ”を初めてグローバル展開

2017年11月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業と、マレーシアとの自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥア(セランゴール州)は、国民車「マイヴィ」を11月16日にフルモデルチェンジし、発売した。

プロドゥア マイヴィ

プロドゥアは、マレーシア第二の国民車メーカーとして、小型車を中心にラインアップを充実させており、今回の「マイヴィ」のフルモデルチェンジは、同社の「アジア」「ベザ」に続くプロドゥア構造改革第3弾の商品となる。マレーシアでの車の使われ方、ユーザーの志向、ニーズを汲み取った現地最適モデルとして、ダイハツが日本の軽自動車・小型車開発で培ってきたノウハウをベースに現地主体で開発。さらに今回は、日本国内で多くのユーザーから好評を得ている衝突回避支援システム「スマートアシスト(現地名称:アドバンスドセーフティアシスト)」を初めてグローバル展開した。

今回の改良では、従来よりも全長・全幅を広げることで、ロー&ワイドなスタイリッシュデザインと、従来車を上回る室内や荷室の広さを両立させた。プラットフォームは、日本の軽や小型車で培ったノウハウを生かし開発した従来車のプラットフォームをベースとしながら、マレーシア市場のニーズに合わせた改良を加え、高速巡航を重視する現地ニーズに合った、操縦安定性の向上を実現した。

また、現地ニーズを反映したマレーシア人好みのデザインを実現する為、スタイリングとアッパーボディ開発をプロドゥアが担当。エンジンは、アセアン向け次世代エンジンである「1NR-VE(1.3L)」と「2NR-VE (1.5L)」のラインアップとして、全グレードで、同国のエコカー政策であるEEV(Energy Efficient Vehicle)政策に適合する高い燃費性能とした。

価格はマレー半島小売価格 4万4300RM〜5万5300RM(日本円で約120 万円〜約149 万円相当)で、“高い経済性:お求めやすい価格”にもこだわったという。写真を見る限りなかなかスタイリッシュで、日本で見ても違和感はなさそうだが…。

プロドゥア マイヴィ 諸元表

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる