情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ルネサス トヨタが目指す自動運転機能用の半導体がルネサス製品に決定

2017年11月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月31日、半導体メーカーのルネサス・エレクトロニクスはトヨタとデンソーが2020年の実用化に向けて開発中の自動運転車に、頭脳となるADAS用統合集積回路「R-Car」と、車載制御用マイコン「RH850」を含む自動運転車向けソリューションが採用されたことを発表した。

■トヨタ、デンソー自動運転用ECUに供給決定

ルネサスは自動運転に必要な周辺認知から、走行判断、車体制御までの広範囲の統合システムを提供する企業で、車載マイコン、統合集積回路システムで世界ナンバーワンのシェアを誇っている。今回採用が決まったものは、トヨタが2020年に市場導入を予定している「Highway Teammate」の主要半導体に選ばれたのだ。このHighway Teammateは、自動車専用道路上での分岐合流や追い越し、レーンチェンジなどをドライバーの監視下で自動で行なうものだ。

ルネサス トヨタ、デンソーに自動運転用ECUを供給

デンソーが自動運転用ECUの開発を担当するが、車両周囲のセンサー情報をもとに自車位置を高精度に推定し、最適な運転計画を瞬時に判断していく自動運転の頭脳部分として、ルネサスの車載コンピュータ・プラットフォームの「R-Car」が選ばれたのだ。そしてR-Carの判断を受けて、走る・曲がる・止まるの制御を行なう最新の高性能マイコンとして「RH850」が選ばれている。

ルネサスの車載コンピュータ・プラットフォームの「R-Car」

■中国のEV市場向けの開発センターを新設

同じく10月31日、ルネサスは中国の新エネルギー車(EVなど)市場向けの取り組みを加速させるため、11月1日付で「新エネルギー自動車ソリューションセンター」を北京に設立すると発表した。

中国は、EVやPHV、燃料電池車(FCEV)を「新エネルギー車」と位置付け、国家戦略産業として、2020年までに新エネルギー車の年間生産・売上台数を200万台に拡大し、2025年までに自動車生産・販売に占める新エネルギー車の割合を20%以上に成長させる方針が決定している。また、自動車企業が生産・輸入する乗用車に関し、平均燃費消費量と新エネルギー車比率のポイント制度による管理規制を2018年に施行することも決定した。

これにより中国が世界の電動化のリーダーになることが見込まれ、中国の自動車メーカーも一斉に電動化技術の導入を開始しているため、ビジネスチャンスを現地で積極的に取り込み、ソリューションの企画・開発、事業開拓計画の立案・実行への反映をよりタイムリーに行なうため、現地に「新エネルギー自動車ソリューションセンター」を新設したわけだ。

呉代表取締役社長兼CEO(左)と長城汽車の魏董事長(右)

業務提携の調印式に出席したルネサスの呉文精CEO(左)と長城汽車の魏建軍CEO

ルネサスは2015年11月には中国政府系企業が出資するスウェーデンのEV専業企業「NEVS(National Electric Vehicle Sweden)」との戦略的協業を発表しており、2017年5月にはSUV、ピックアップトラック分野では中国最大の自動車メーカー「長城汽車」との戦略的協業を発表するなど中国の電動化の動向にいち早く対応している。そして、今回の「新エネルギー自動車ソリューションセンター」の新設で、さらに事業の拡大を図る狙いがある。

ルネサス執行役員常務・兼オートモーティブソリューション事業本部長の大村隆司氏

ルネサスの自動車向け事業戦略を説明するルネサス執行役員常務・兼オートモーティブソリューション事業本部長の大村隆司氏

■ルネサス autonomy

またルネサスは10月31日、同社のユーザー向けカンファレンス「R-Carコンソーシアムフォーラム」を開催し、同時にメディア向けの最新技術の紹介も行なわれた。ルネサスは半導体事業の中で自動車向けを最も重視しており、高度運転支援システム、自動運転向けの開発プラットフォーム「ルネサス autonomy(オートノミー)」を発表している。

「ルネサスautonomy」は、自動運転に不可欠な要素を網羅したトータル・ソリューションとされ、コネクテッドカーやクラウドとの通信連携、センサー、カメラによるセンシング、コグニティブ(認知)コンピューティング(AI)による判断、さらに車両のブレーキ操作、ステアリング操作など車両制御という要素をすべてカバーできるという位置付けだ。

ルネサスの自動運転時代に向けた新たなコンセプト

ルネサスのオートモーティブソリューション事業本部長の大村隆司氏は、そのコンセプトを、「オープン」、「イノベーティブ」、「トラステッド」だと説明している。

オープンとは、ソフト開発のための開発環境はオープンソース化されていることと、どんなソフトウェア開発メーカーにもオープン・プラットフォームとして提供することで、R-Carシリーズのソフトウェア開発向けパートナーの数が増加し続け、現在では224社のパートナーにまで拡大。

イノベーティブはルネサスが最新のテクノロジーにより最新世代のマイコン、統合集積回路を展開し、低電力、低コスト化により幅広く採用されやすいポテンシャルを持っていることを意味している。

トラステッドは、これまでの車載用マイコンなどの経験により、信頼性の高い車載プラットフォームが追求されていることだ。

この結果、「ルネサスautonomy」はパナソニック(車載インフォテイメント)、長城汽車(EV用)、ソフトバンク(Cocoro SB:感情エンジン搭載のコネクテッドカー)、トヨタ・カムリ(インフォテイメント用)、日産リーフ(プロパイロット・パーキング用)などにすでに採用された実績を持つ。

ルネサス R-Carを採用したリーフのプロパイロット・パーキング

R-Carを採用した日産リーフのプロパイロット・パーキング

今回のカンファレンスでは、ルネサスが開発し同社の事業所内を試走しているライダー(LiDAR)、カメラ、レーダー装備の自動運転車の走行データ・デモとトヨタ車体製のEV「コムス」をベースにした360度ビュー+可変視点表示、コンパクトクラスのクルマでも採用可能な低コストのプログラマブル・メーターディスプレイ、ソフトバンク(Cocoro SB)とコラボしたドライバーの感情を検知して応答する「感情エンジン」を搭載したコンセプトモデルが紹介された。

ルネサス センサーフュージョンによる自動運転走行のデモ画面

ルネサスが開発したセンサーフュージョンによる自動運転の実走行のデモ画面

ルネサス センサーフュージョンによる自動運転走行のデモ画面 360°ビュー

360度ビューの表示画面。任意の視点の映像を表示できる

ルネサス R-Car システム

この中でも360度ビュー表示システムや、液晶ディスプレイにメーターやインフォメーションを表示できる低コストのプログラマブル・メーターはごく近い時期に量産化が可能と考えられる。

ルネサス 3Dプログラマブル・メーターディスプレイ

ローコストの3Dプログラマブル・メーターディスプレイ

ルネサス R-Car D3チップ

ローコスト化を実現した超小型のR-Car D3チップ

感情エンジンは人型ロボット「ペッパー」に搭載したことで知られるが、今回はドライバーの発話や心拍数など生体データをベースに、ドライバーの感情を検知し、その感情に合致した車両制御を行なうという実験的なコンセプトモデルだ。

ルネサス ソフトバンク 感情エンジン搭載コンセプトモデル

ルネサスとソフトバンクがコラボする感情エンジン搭載コンセプトモデル

いずれにしても「ルネサスautonomy」を支える、車載コンピューター・プラットフォーム「R-Car」、最新世代のマイコンチップ「RH850」ファミリーを搭載した車載システムは、グローバル規模で成長しているNVIDIA、インテル「GO」などと競合しながらも拡大採用される見込みだ。オールジャパンを象徴する企業でもあるルネサスは、他社とは異なりマイコン・チップを自社製造できるという優位性を持っているところが最大の強みとなっている。

ルネサス・エレクトロニクス 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる