情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【東京モーターショー2017】ヤマハ SUV「クロスハブ・コンセプト」 バイクのような四輪車「MWC-4」

2017年11月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月25日、ヤマハは、ユニークなSUV「クロスハブ・コンセプト」や、バイクから発想した電動四輪車「MWC-4」のワールドプレミアを行なった。

東京モーターショー2017 ヤマハ クロスハブ・コンセプト

クロスハブ・コンセプト

CROSS HUB CONCEPT(クロスハブ・コンセプト)は、アクティブ&アーバンなライフスタイルで活躍する、ヤマハファンのためのデザイン・コンセプトモデルという位置付けだ。

東京モーターショー2017 ヤマハ クロスハブ・コンセプト インテリア

インテリアはユニークなダイヤモンドレイアウトの4座シート配置によって、コンパクトなパッケージで、 2台のモーターサイクルを搭載できる。

ボディサイズは、全長4490mm、全幅1960mm、全高1750mm、乗車定員4名。サイズとしてはCセグメント+だ。

MWC-4は、「ハーフサイズモビリティ」をコンセプトに開発され、二輪車から発想したモビリティの可能性を広げる4輪LMW(リーニング・マルチ・ホイール車)で、シリーズハイブリッド・システムを搭載している。

東京モーターショー2017 ヤマハ MWC-4

MWC-4

従来の二輪車にはない快適性と、発電用エンジンを備えたモータードライブや姿勢制御技術を採用することで新感覚の走行フィーリングを実現。デザインはモーターサイクルと楽器からインスパイアされたスタイリングとしている。

東京モーターショー2017 ヤマハ MWC-4 リーン姿勢

ボディサイズは全長2680mm、全幅900mm、全高1480mmで、発電用エンジンと2個のモーターを搭載している。乗員は2名。

ヤマハはこれ以外に、電動ロボットバイク「MOTOROiD(モトロイド)」や、水冷直列3気筒エンジンを搭載した大型3輪LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の「NIKEN(ナイケン)」を出展。旋回時の高い安定感を生み出すLMWテクノロジーを搭載し、さまざまに変化する路面や、コーナーが続くワインディングロードを自在に駆け抜ける高いスポーツ性能を目指している。

東京モーターショー2017 ヤマハ ナイケン

3輪バイク「ナイケン」

「NIKEN(ナイケン)」のデザインは、フロント15インチタイヤとタンデム・倒立式フロントサスペンションの組み合わせという、これまでにないメカニズムを採用している。

ヤマハ発動機 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる