情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ZFとNVIDIA、ドイツポストDHLが連携し、2018年に自動運転配送の試験運用を開始

2017年11月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NVIDIAは2017年10月10日、世界最大の郵便・物流企業であるドイツポストDHLグループ(DPDHL)と、世界最大級の自動車サプライヤーであるZFが連携して、自動運転配送トラックの試験運用を2018年に開始することを発表した。

ZF NVIDIA DPDHL 自動運転配送トラックの試験運用を2018年に開始

今回発表された配送車のプロトタイプには6台のカメラと1台のレーダー、2台のライダーを搭載している

今回のシステムはNVIDIAのDRIVE PXテクノロジーに基づいて開発されたZF ProAI自動運転システムをDPDHLの小型EVトラックに搭載し、「ラストマイル」配送を含めた荷物の輸送、配送を自動化するというもの。DPDHLは現在StreetScooter製のEV配送車を3400台使用していて、ZFのカメラやライダー、レーダーなど複数のセンサーとZF ProAIシステムとの統合活用が可能となっている。すでにDPDHLではニューラルネットワークのトレーニングのためAIスーパーコンピューターNVIDIA DGX-1によるデータセンターを構築済みで、今後ディープラーニングモデルをトラックのNVIDIA DRIVE PXプラットフォームで稼働させることとなっている。

NVIDIA創設者兼CEO ジェンスン・フアン氏

「自動運転配送車の開発は、AIやディープラーニングが商用輸送業界にも変化を起こしていることを示しています。オンラインショッピングの拡大にともないドライバー不足は深刻化しており、AIを駆使した自動車がラストマイル配送の鍵となってくるでしょう」

ドイツポストAG取締役 ユルゲン・ゲルデス氏
「環境負荷が少なく経済的で効率的な輸送に関する研究開発は物流業界に大きな変革をもたらします。NVIDIAおよびZFと連携することで、この開発の一翼を担い、利点を活用し、業界のイノベーションを牽引する当社の地位を強化することができます」

ZF CEO シュテファン・ゾンマー博士
「NVIDIAの先進技術をベースに当社が開発したZF ProAI人工知能と、現在および将来にわたってZFが提供する環境センサー技術を搭載したStreetScooterの活用で、ドイツポストDHLは次のステップに踏み出す事ができるでしょう。環境を検知、把握する当社の自動運転用センサーと、ZFの機械工学技術に基づく各種アクチュエータをつなぐ頭脳がZF ProAIです。このシステム全体が、当社の『See-Think-Act(見て、考えて、動かす)』のアプローチに基づいています。時間帯や人員配置に関係なく配送が可能となり、騒音や排気を最低限に抑え、都市部の交通渋滞を大幅に緩和するなど、物流やラストマイル配送における自動運転の利点は非常に大きいものとなるでしょう」

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる