情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【東京モーターショー2017】スバル 次期WRX! 「VIZIV パフォーマンスコンセプト」を世界初公開

2017年10月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバル VIZIV パフォーマンスコンセプト サイドイメージ

スバルは、スポーツセダンのコンセプトカー「VIZIV パフォーマンスコンセプト」を世界初公開した。このコンセプトカーは次期型WRXと想定されている。

スバル VIZIV パフォーマンスコンセプト フロントイメージ

スバルのコンセプトカーには、これまでも「VIZIV(ヴィジヴ)」という名称が付けられ、クロスオーバーなど、さまざまなコンセプトカーが出展されてきたが、今回は「パフォーマンス・コンセプト」と称され、高性能なスポーツセダンとしている。

スバル VIZIV パフォーマンスコンセプト リヤイメージ

そのため、ハイブリッドや電気駆動ではなく、水平対向4気筒エンジン、シンメトリカルAWDなど、従来からのアーキテクチャーを踏襲した4ドア・スポーツセダンで、当然ながらスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)を採用した次期型WRXと考えるのが自然だ。

スバル VIZIV パフォーマンスコンセプト 正面 フロントフェイス

VIZIV パフォーマンスコンセプトは、水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDをイメージソースとし、将来に渡って引き続きスバルが追求する「走る愉しさ」をスポーツセダンとして表現したという現実的なコンセプトだ。

スバル VIZIV パフォーマンスコンセプト 真後ろ リヤフェイス

公表されている主要諸元は、4ドア・ボディで全長4630mm 、全幅1950mm 、全高1430mm、ホイールベース2730mmと、全幅を除いてはリアルな諸元になっている。タイヤサイズは245/40R20。

デザインは、現在のスバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を採用し、クーペ風のルーフ処理によりスポーティ&ダイナミックなフォルムとなっている。

パッケージングはキャビンフォワードで、コンセプトモデルのため前後のフェンダー形状はよりワイドに強調されている。

スバル VIZIV パフォーマンスコンセプト スラッシュ4本出しマフラー

フロントマスクは、一体感のある立体的な造形で、ホークアイ・ヘッドランプにより水平対向エンジンを表現しており、これも量産モデルに近い処理となっている。リヤでは4本出しマフラーとするなど、走りのイメージを強調。

2020年頃に実現を想定している高度運転支援技術は、次世代アイサイト、レーダー、高精度GPSと3次元マップを採用し、究極の安全、自動車事故ゼロの実現を追求する。

このVIZIV パフォーマンスコンセプトを量産化した次期型WRXの登場は2018年後半と予測される。

スバル アーカイブ
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる