情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダCX-5 2017年度前期JNCAP予防安全性能評価で最高ランク「ASV++」を獲得

2017年10月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載した「マツダ CX-5」が、2017年度前期自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において、最高ランク「ASV++(エーエスブイ ダブルプラス)」を獲得した。

マツダCX-5 2017年度前期JNCAP予防安全性能評価で最高ランク「ASV++」を獲得

自動車アセスメント予防安全性能評価は、車両および歩行者との衝突回避または衝突被害軽減を支援する被害軽減ブレーキ、車線のはみ出しを検知・警告する車線はみ出し警報、バック時の視界情報を支援する後方視界情報提供装置、さらに今年度からは新基準の評価項目として車線の逸脱を防止する車線逸脱防止抑制装置の安全性能試験を実施し、車両の予防安全性能を「ASV++」、「ASV+」の2段階で総合評価される。

最高ランク「ASV++」を獲得した「CX-5」は、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の装備として、被害軽減ブレーキ技術「スマート・ブレーキ・サポート(SBS)」や「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、車線の逸脱警告・防止技術「レーンキープ・アシスト・システム&車線逸脱警報システム(LAS & LDWS)」を搭載しており、新基準となった今年度前期自動車アセスメント予防安全性能評価の対象車種において好成績を収めた。
これにより、既に公表済みである衝突時の乗員保護性能や歩行者保護性能などについて評価を行う2017年度前期自動車アセスメント(JNCAP)衝突安全性能評価での最高評価「ファイブスター賞」獲得とともに、「CX-5」は最高レベルの安全性能であることが実証された。

「CX-5」は先進安全技術として全機種に、認知支援技術である先進ライト「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」もしくは「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と車線逸脱警報システム「LDWS」、衝突回避支援・被害軽減技術である「アドバンストSCBS」と「AT誤発進抑制制御[前進時]」を標準装備したことにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」の「セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)・ワイド」に、「CX-5」全機種が該当している。
その他、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」など、車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も全機種に標準装備している。

「CX-5」をはじめ、安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」に基づいた先進安全技術「i-ACTIVSENSE」搭載のマツダ車は、さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作を人間中心の発想でサポートし、事故のリスクを最小限に抑えることを目的としている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる