情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【東京モーターショー2017】ジェイテクト 50年後のモビリティを銀座ショールームで体感

2017年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月18日、電動パワーステアリングや4WDカップリング製造で世界No1のジェイテクトは、「第45回東京モーターショー2017」への出展に合わせ、同社のトウキョウ・銀座にあるショールーム「JTEKT ROOM Ginza」で、10月18日から11月24日まで、東京モーターショー・サテライト企画を開催すると発表した。

このサテライト企画は、東京モーターショー会場のジェイテクトの展示ブースと連動して、同社の銀座ショールームで体感型のイベントを行なうというもの。このイベントは、50年後のモビリティ社会とジェイテクトが追求する「曲がる技術」をテーマに、多摩美術大学のデザインチームが1年間をかけてコンセプトを練り上げた。

ジェイテクト 未来のモビリティを表す抽象的なモビリティユニット

未来のモビリティを表す抽象的なモビリティユニット

デザインチームは多摩美術大学メディア芸術コースの教員2名と卒業生3名からなるスペシャルユニット。 総合プロデューサーは及川晃氏(B2ENGINE)だ。

アート、メディア、工学・・・異質な経験とスキルを兼ね備えたメンバーが、このプロジェクトのために集結。自動運転や相互接続があたりまえのものとなった未来環境を踏まえつつ、美術大学ならではの表現方法で、可動する宇宙「MOBIVERSE」の姿を予言した内容となっている。

ジェイテクト 「MOBIVERSE」を制作した多摩美術大学のデザインチーム

「MOBIVERSE」を制作した多摩美術大学のデザインチーム

具体的には、「ドライブ・シミュレーター」を使い、コントローラーで80インチの大画面上の移動物体をコントロールしモビリティを仮想体験するものだ。来場者は抽象的な形状のオブジェクトと駆動・操舵輪を持つモビリティユニットを組み合わせて未来の移動装置を作り、これをコントローラーで操作してさまざまな環境の中でどのように走行するかを操作・体感する。

ジェイテクト 「MOBIVERSE」の中に登場する未来のモビリティ

「MOBIVERSE」の中に登場する未来のモビリティ

またこの「ドライブ・シミュレーター」は、特設WEBサイトで体験することもできる。さらに「ドライブ・シミュレーター」で登場するユニークなオブジェクトの3Dプリンター用のデータを配布。3Dプリンターで実物を作り出すことが可能になっている。

ジェイテクト 東京モーターショー・サテライト企画 大画面の前でドライブ・シミュレーターを体験

大画面の前でドライブ・シミュレーターを体験する

JTEKT ROOM Ginza (ジェイテクトルーム銀座):http://jtektroom.com/index.html
住所:東京都中央区銀座7丁目11番15号 東京ジェイテクトビル1F
電話:03-3571-6212
開館時間:10:00〜17:30
休館日:原則 土曜・日曜

ドライブ・シミュレーター 「MOBIVERSE」特設サイト
ジェイテクト ルーム 銀座 公式サイト
ジェイテクト 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる