情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ 718ボクスターと718ケイマンに365PSのGTSを追加

2017年10月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは、ミッドシップエンジンのモデルシリーズである「718ボクスター」と「718ケイマン」に、より高出力のエンジンを搭載した「GTS」を追加した。

ポルシェ 718ボクスター 718ケイマン GTS

新開発されたインテークダクトと、2.5リッター4気筒水平対向エンジンのために最適化されたターボチャージャーによって、両モデルの最高出力は269kw(365PS)に向上。これは、718 Sを11kW(15PS)、自然吸気エンジンを搭載した先代GTSを26kW(35PS)上回るパワーとなっている。

最大トルクも430N・m/1,900-5,000rpm。この幅広い回転域で発生する太いトルクが、優れた加速と俊敏性を提供してくれる。

ニュー718ボクスターGTS/718ケイマンGTSのトランスミッションには、6速MTとオプションでポルシェ ドッペルクップルング(PDK)が用意されている。またスポーツクロノパッケージ、機械式リアディファレンシャルロックを備えたポルシェ トルクベクトリング プラス(PTV Plus)、および車高を10mm低く設定するポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)など、多数のオプションが標準装備される。

GTSモデルのPDKとスポーツクロノパッケージ仕様車の場合、0-100km/h加速タイムは4.1秒。最高速度は290km/hに達する。

GTSモデルはテクノロジーだけでなく、視覚面でも718モデルラインの中で際立っている。まず目につくのは、このモデルの性格を強く訴えてくる、フロントの新しいスポーツデザインエプロン。フロントライトモジュールとバイキセノンヘッドライトは、GTSモデル特有のブラックに着色される。

ティンテッドテールライト、ブラックのロゴ、ブラックのリアエプロンなど、黒が強調されたリアスタイルもGTSらしさが表現されている部分。ボクスター/ケイマンの特徴ともいえるセンター出しのエグゾーストシステムにも、ブラックのテールパイプが装着される。またサイドビューを引き立てる、ドア下部のブラックのGTSロゴと、ブラック(サテンフィニッシュ)に塗装された20インチホイールも精悍さに磨きをかけている。

ポルシェ ボクスターGTS 走行イメージ

ポルシェ ボクスターGTS 走行イメージ フロントイメージ

ポルシェ ケイマンGTS 走行イメージ

ポルシェ ケイマンGTS 走行イメージ

インテリアにもGTSのDNAが注ぎ込まれている。標準装備となったスポーツクロノパッケージのストップウォッチは、ダッシュボードの中央コンポーネントに統合され、運転席と助手席は、他のポルシェGTSモデルと同様にセンタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートが標準装備となる。

ヘッドレストにGTSロゴを冠したスポーツシートプラスは、2 wayの電動調節機能を備え、サイドサポートと快適性が強化されている。もちろん、ステアリングホイールトリム、センターコンソール、およびアームレストなどにも、アルカンターラが多用される。

ポルシェ トラックプレシジョンアプリ(PTPA)によって、スマートフォン上でのドライビングデータの自動記録、表示、および分析が可能というのも、スポーツ志向のドライバーには嬉しい装備といえるだろう。

ポルシェ 718ボクスター 718ケイマン GTS コックピット

ポルシェ 718ボクスター 718ケイマン GTS インテリア

本件に関する問い合わせはポルシェ ホームページまで。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる