情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ スカンジナビア・デザイン、上質さをアピールするプレミアムSUV「XC60」解説

2017年10月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月16日、ボルボ・カー・ジャパンはフルモデルチェンジした新型「XC60」を発表した。ボルボの新世代プラットフォーム「SPA」を採用した90シリーズに続く第2弾となるクロスオーバーSUV。ボルボを支える基幹車種だけに、満を持しての登場となる。

(参考リンク:ボルボ 新型「XC60」試乗レポート

ボルボ 新型XC60を発売

■プレミアムを目指すポジショニング

XC60はボルボのベストセラーで、従来モデルは2009年に登場。グローバル累計で16万台を販売しており、また日本市場でもV40と並ぶ人気車種だ。XC60はモデル末期となっても売れ行きは好調なのだ。

そして、8年振りに登場した第2世代の新型XC60はS90/V90/XC90シリーズに続き、モジュラー設計のスケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)を採用。SPAプラットフォームならではのフロントホイールとAピラーの付け根の距離を十分に取り、ロングノーズ、ショート・オーバーハングのエレガントなプロポーションを実現している。

この新型XC60は2017年のジュネーブショーでワールドプレミアを行ない、まず最初に発売されたヨーロッパでの販売は従来型を上回る勢いの販売を記録し、市場で高い評価を受けている。

ボルボ 新型XC60を発売 フロントイメージ

新型XC60はプレミアムSUVという位置付けで、今までのXC60よりさらに1ランク上の質感を指向している。つまり、BMW X3、アウディQ5、メルセデス・ベンツGLCというドイツ・プレミアムSUVと真っ向勝負であり、これらに勝るというクルマを目指している。

ボルボ 新型XC60を発売 リヤイメージ

もちろん、XC60はボルボの最新のデザイン表現を採用。ぎらぎらとした装飾、荒々しいSUVの定番デザインを抑制し、エクステリア、インテリアともにエレガント、モダンで上質感のあるスカンジナビア・デザインと質感を追求し、新しい価値観を訴求している。

グレード展開は、モメンタム、インスクリプション、R-DESIGNの3機種で、エンジンは2.0L 4気筒のドライブ-Eがベースで、D4、T5、T6、T8(プラグインハイブリッド)と、90シリーズと同様のラインアップとなっている。なおD4とT6エンジン・モデルは2018年春に導入される。

■デザイン

新型XC60は遠くから見ると、これまでのXC60とよく似ているように感じられるが、仔細に見ると、新しいデザインが巧みに盛り込まれた新しいプロポーションを持っていることがわかる。

ボディサイドは、前後ドアを貫くシャープな2本のインバース・ライン、抑揚のあるボンネット上面、そしてサイドウインドウの後端は上方にせり上がり、よりダイナミック感のある仕上げになっている。またエクステリア全体はクリーンで上品な印象を与える仕上げになっているのが特長といえる。

ボルボ 新型XC60を発売 サイドイメージ

新世代ボルボを象徴するLEDヘッドライトのデザインはトールハンマー形だが、90シリーズとはデザイン的に異なってる。また、モメンタム、インスクリプション、R-DESIGNのそれぞれがバンパー形状、フロントグリル、エキゾーストパイプなど専用デザインにしており、ディテールに拘っている。

ボルボ 新型XC60を発売 ヘッドライト テールレンズ

インテリアのデザインも、インスツルメントパネル中央に縦型の9インチセンターディスプレイ、メーターパネル部は12.3インチのカラー液晶ディスプレイなど90シリーズのコンセプトを継承しているが、細部のデザインはXC60独自にリファインされている。

ボルボ 新型XC60を発売 コックピット

9インチのセンターディスプレイは、ナビ、インフォテイメントを統合し、スマートフォンと同様の操作で、すべてのコントロール、設定が可能。メーター・ディスプレイは4種類の表示ができ、好みで選択できる。また走行中は、ステアリングのメニューダイヤルと、発声コントロールによりインフォテイメント、エアコンなどを操作できるため、一般的なスイッチ、ボタンは劇的に少なくなっている。

ボルボ 新型XC60を発売 インスツルメントパネル

左右一体化され、継ぎ目のないインスツルメントパネルの加飾パネルは、モメンタムがアイアン・オレ、インスクリプションは石白色のドリフトウッド、モメンタム、インスクリプションにオプションでリニアライムマットウッド、R-DESIGNはメタルメッシュ・アルミ(インスクリプションにオプション)とグレードごとに設定し、クロームメッキを使用せずにセンスの良い上質感を表現している。

ちなみにドリフトウッドとは、スウェーデンの西海岸に漂着するトネリコ科の木材で、海水に漂白されてアッシュ(灰白)色の独特の風合いを持つ木材だ。

シートもXC60のこだわりの部分で、90シリーズと共通化。軽量・高剛性の骨格に電動4パワーシートでホールド性、快適性を両立。インスクリプション用のシートは高級・本革(パーフォレーテッド・ナッパレザー)張り、ベンチレーテッド、マッサージ機能付きと、このクラスを超えたシートとなっている。

ボディサイズは、全長4690mm、全幅1900mm、全高1660mm、ホイールベース2865mmで、従来型に比べ全長、全幅は僅かに大きくなり、全高は55mm低められ、ホイールベースは90mm長くなっている。また車両重量は30kgほど軽量になっている。

最低地上高は215mmで、ラフロードでの走破性を確保。クロスオーバーSUVとはいえ4WDシステムとの組み合わせで、ラフロードを含む多様なシーンで走行ができるようになっている。

ボルボ 新型XC60を発売 ラゲッジスペース

ラゲッジスペースは床下収納まで含めて505Lの容量で、60:40のリヤシートを倒すと1432Lの容量になる。プラグインハイブリッドのT8のラゲッジ容量は、これよりわずかに容量が少ない。

■エンジン、トランスミッション

搭載されるエンジンは、いずれもドライブ-Eと名付けられた新世代2.0L 4気筒のモジュラーエンジンで、T5はシングルターボで254ps/350Nm、T6はスーパーチャージャー+ターボで320ps/400Nm、D4はディーゼルターボで190ps/400Nm、そしてT8はT6用と同等の318ps/400Nmのエンジンと後輪駆動用のモーター(87ps)を発生する。

ボルボ 新型XC60を発売 エンジンルーム T5エンジン

254ps/350Nmを発生するT5エンジン

いずれも90シリーズと同様のエンジン・ラインアップだが、当然ながら90シリーズよりXC60は約200kg軽いため、XC60の動力性能はより高く、ライバルに対しても引けを取らない加速性能を備えている。

T8は2モーター式のプラグインハイブリッドのため、10.4kWhのリチウムイオンバッテリーをセンタートンネル部に搭載する。EVモードではバッテリーの電力のみで45.4kmの走行ができ、この状態では後輪での駆動となる。ハイブリッドモードではエンジンが発電と駆動を行なう。

ボルボ 新型XC60を発売 プラグインハイブリッドシステム

プラグインハイブリッド・システム。318psのエンジンと発電モーターをフロントに、リヤは電動駆動ユニットを配置。バッテリーはセンタートンネルにレイアウトされる

トランスミッションは全モデルがアイシン製の8速ATを採用。クイックで、しかも滑らかな変速を実現している。4WDシステムは最新のハルデックス・カップリングを採用し、走行状態に合わせて、前後アクスルに自動トルク配分を行なうようになっている。

なお左右輪はコーナリング時に自動独立ブレーキ制御によるトルクベクタリングを行なうため、前後輪の駆動トルク配分と左右輪のトルクベクタリングにより、意のままのコーナリング・フィールを実現している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる