情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボXC60試乗レポート ジャーマンスリーをガチライバルとする新型ボルボXC60

2017年10月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月16日に国内デビューをした新型ボルボXC60だが、ひと足先に試乗できたので早速お伝えしよう。<レポート:高橋 明/Akira Takahahsi>

(参考リンク:ボルボ 新型「XC60」テクノロジー解説

ボルボ XC60 試乗レポート フロントイメージ

フルモデルチェンジした新型XC60 T5に試乗した

ボルボは先代のXC60からプレミアムセグメントへ移行しているが、新型XC60ではそのプレミアム度にさらに磨きをかけ、ジャーマン・プレミアムに対抗するモデルという位置づけでデビューした。また、ボルボは新世代ボルボへの移行も始まり、その第一弾としてSPA(スケーラブル・プラットフォーム)を使用した90シリーズがすでに国内デビューもしている。新型XC60はそのSPAを採用したモデルで、新世代ボルボの第2弾が60シリーズというわけだ。ちなみに、小型車用の新世代プラットフォームCMAを採用した40シリーズもワールドプレミアされている。

■ポジショニング

ドイツのプレミアムモデルとガチ勝負するとしているボルボだが、ライバルとなるのは、メルセデス・ベンツGLC、BMWX3(2017年11月国内発表)、そしてアウディQ5あたりのモデルになる。新型ボルボXC60の全長は4690mm、全幅1900mm、全高1660mm、ホイールベース2865mmでライバルたちと同等のサイズでデビューした。

ボルボ XC60 試乗レポート サイドイメージ

ジャーマン・プレミアムをライバルとするボルボXC60

こうしたプレミアムセグメントになると、良くて当たり前という存在になる。軽く500万円オーバーで1000万円にも手が届くグレードも存在するわけで、それで安っぽいとか、乗り心地が悪いとか、そうした量販モデルで問題となるような完成度のものではなくなる。

ボルボ XC60 試乗レポート コックピット

文句なくインテリアも洗練された高級な室内になっている

では、どこが違い、他モデルに対して優位となる部分は何か?というのが気になる。ひとつにはブランドという力が存在する。アウディも過去急激に、プレミアムブランドへと変化したブランドではあるが、今では高級ブランドとして当たり前のように認知されている。メルセデス・ベンツやBMWは言うまでもなく、高級ブランドとしての認知度は高い。

そうした中でボルボ・ブランドは、「これから」というところにポジションしている。ブランド力という点ではこれまでのジャーマンスリーにはまだ及ばないのもの事実だ。

■デザイン

ではほかの魅力は何か?やはりスカンジナビアン・デザインというのは魅力のひとつだ。XC60のデザイン的特徴としてフェイス周りでは、90シリーズから採用されているLEDヘッドライトと北欧神話の雷の神様「トール」をモチーフにしたハンマー型T字デザインのライト周りだ。個性的でハイセンスなデザインになっている。

ボルボ XC60 試乗レポート フロントフェイス

90シリーズ以降フェイス周りがより個性的に、そして洗練されたデザインになった

また、グレード展開ではモメンタム、インスクリプション、R-Designという展開だが、いずれもグリルデザインが異なり、個性を主張している。

ボルボ XC60 試乗レポート フロントイメージ

ボディサイズでのヒエラルキーではないボルボのグレード体系

そしてもっともジャーマンスリーとの違いは、XC60はXC90の小型版、XC40のラージ版というヒエラルキーではないことだ。ボディサイズの大きさの違いでヒエラルキーとされることなく、各モデルの個性を主張していて、ユーザーの気に入ったモデルを購入してほしいということなのだろう。こうした販売戦略的なところが異なっているのもポイントかもしれない。

ボルボ XC60 試乗レポート フロントシート パンチングレザー表皮

ブラウンのパンチングレザーシートがおしゃれで好感が持てる

インテリアも北欧デザインを主張し、ラグジュアリーなインテリアにしている。2013年に発表したコンセプトクーペのインテリアをもっとも忠実に再現したモデルがこのXC60のインテリアだそうだ。新世代ボルボの象徴としたコンセプトモデルをどこまで再現できるかがポイントであり、再現率の高さは魅力になる。

ボルボ XC60 試乗レポート ステアリング

センターコンソールはやや高く、スイッチ類の操作が少ししにくい。PHEVのバッテリー格納用だ

具体的には、U字型のダッシュボードと2重構造のようなデザインのダッシュパネル、ダイヤモンドカットされたキラキラ光るスイッチ類。そしてXC90とまったく同じフロントシートをXC60にも採用しており、セグメントを超える豪華なフロントシートになっているところもポイントだろう。装備としては、ベンチレーションやマッサージ機能も搭載している。

もちろんインパネ類も最新のタッチ式を採用し、スイッチ類の数を大幅に削減している。ボルボの資料によればポルシェ・マカンのスイッチ、ボタンの数が53個あるのに対し、新型ボルボXC60は僅か8個になっている。

ボルボ XC60 試乗レポート タッチスクリーン

操作ボタンはスッキリして、タッチ式を多用している

ところが、試乗中にこのボタンの少なさから、何かをしようとしたとき、どこに何があるのか非常に迷うことになった。これはオーナーとなれば使う頻度の高いものはすぐになれるだろうが、試乗レベルではなかなか使いにくい。だが、そもそも、そんなことはボルボでも十分承知していて、なぜそうしたのか。

その答えは、音声で操作できるようになっているのが新世代ボルボの魅力なのだ。例えば室内の温度が熱いとか寒いといった時、温度調整ボタンを探すのではなく、ハンドルにあるマイクスイッチを押し「熱い」と言えば、「エアコンの温度を23度にします」と音声で応え、そして自動で温度調整される。もちろん、ナビゲーションの目的設定なども音声で設定できる。

こうした音声認識は認識レベルがあまり高くなく、実用性において疑問視されていたが、このボルXC60に搭載されている音声認識機能はかなり実用的だと感じられた。言うまでもなく日本語対応なので、あとは、使う用語の整理ができれば、かなりのレベルで、先進的なインテリアだと感じられることは間違いない。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる