情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

クルマと過ごす日々 vol.5

2017年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマと過ごす日々 vol.5

先週末はFMヨコハマのラジオ番組ザ・モーターウィークリーと雑誌ル・ボラン、富士スピードウエイが主催するクルマ試乗イベント「タッチ&トライ」にお手伝いに行ってきました。

クルマと過ごす日々 vol.5 富士スピードウェイショートコース 藤本えみりさんと常連のラジオリスナー

なんか楽しそう・・・常連のラジオリスナーさんたちとDJ藤本えみりさん

最新の新車に間近に見れて、触れて、そして乗れるイベント。しかも富士スピードウエイのレーシングコースをその新型車で走れてしまうという豪華なイベントです。ヘルメット不要、レーシングスーツ不要。普段着のままでOKだし、手軽です。ドライビングレッスン付いて、終日イベントがなんと9800円という破格の値段。募集するとすぐに、定員になってしまう人気イベントです。

こちらの模様は昨日のザ・モーターウィークリーで放送しました。聴き逃した人はラジコのタイムフリーで。1週間以内なら聞けます。もちろん無料。

で、この日は、アルファロメオの新型車「ジュリア」にチョイ乗りできました。まだ正式な業界向け試乗会が行なわれていないので、まさに最速試乗です。

クルマと過ごす日々 vol.5 アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ

ジュリアにチョイのり。あいらぶゆー

試乗車はクアドリフォリオでトップグレード。四葉のクローバーアイコンがフェンダーについています。Dセグメントのプレミアムセダンで、446万円からですが、このクアドリフォリオは1000万円オーバーの高級グレードです。600Nmという大パワーはもちろんですが、イタ車はやはり官能評価に拘りがありますよね。そこがドイツ車とは大きく異なるところです。

試乗はわずかですが、その官能の世界を感じることができます。特に音。d、n、aのモード切替でdを選択すると、アイドリングから音が変わり、クルマのキャラが変わったかのように変貌します。こうした人の感性に響くイタリア車の演出は魅力たっぷりですね。詳しくは正式に試乗してからレポートを書きますが、今週は得しちゃったお話しということで。

クルマと過ごす日々 vol.5 トヨタCVカンパニー試乗会 吉田由美

由美さまのアンニュイなポージング

吉田由美さまとトヨタのCVカンパニー試乗会に行ってきました。CVカンパニーはコマーシャルヴィークル。そう、商用車です。珍しい試乗会ですが、ハイラックスが国内に13年ぶりに再販売されることになり、本日の主役です。

が、そう、本日の主役がもうひとり。由美さまです。

「あ〜天気が良くて富士山参考に綺麗だから、この辺で写真撮れるとこないかなぁ」
「そうだね、湖畔に降りれるところとかあれば最高だけど・・・」

クルマと過ごす日々 vol.5 トヨタCVカンパニー試乗会 ハイラックス 吉田由美

「荷台に乗ったら面白いかなぁ?」と由美さま
「いいんじゃない」
「すいません、私の携帯でも撮ってもらえます」
「はいはい」

クルマと過ごす日々 vol.5 トヨタCVカンパニー試乗会 ハイラックス 吉田由美

「ねえねえ、ここで富士山バックはどう?」
「はいはい」

クルマと過ごす日々 vol.5 トヨタCVカンパニー試乗会 ハイラックス 吉田由美

「ここで撮影しませんか?」
「あの〜もうだいぶ撮ったので記事的にはOKですけどぉ」

「分かりましたぁ、じゃあ戻って、自分用に撮影しよ〜っと」
「・・・・・・」

本日の主役です・・・( ^ω^)・・・

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる