情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ジャガー XJの2018年モデルの受注を開始。575psのXJR575も含めた6種をラインアップ

2017年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリー・サルーン「XJ」の2018年モデルを、2017年10月13日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始する。

ジャガー XJの2018モデル XJR575

ジャガー XJの2018モデル XJR575

ジャガーXJR575

「XJ」2018年モデルでは、従来よりも大型化した10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「Touch Pro」にInControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備していて、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる。コネクティビティ機能も強化されていて、通信が4G対応となり、オプションとして最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境の提供も可能となる。さらに、レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバー・コンディション・モニターなどの安全機能を全グレードに標準装備としている。

ラインアップは3.0L V型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジンと5.0L V型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジンの出力違いの計3種類に絞り、グレード体系は全6機種展開となった。、最高出力575ps・最大トルク700Nm、0-100km/h加速4.4秒という俊足ぶりを発揮する「XJR575」も追加ラインアップされている。

この「XJR575」では、エクステリア、インテリアともに専用のデザインを多数採用している。エクステリアでは、グロスブラック仕上げのリアスポイラー、サイドシル、フロントバンパー、ローワー・エアインテーク、ツインボンネットルーバーのほか、レッド・キャリパーを装着した20インチのファラロン・グロスブラックのホイール、SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)特別カラーのヴェロシティブルーとサテンコリスグレーのエクステリアカラーの選択が可能。インテリアにはソフトグレインレザーを採用し、ピメントステッチを施したエボニーもしくはエボニーステッチを施したアイボリーの2種類を用意。さらに、トレッドプレートとダッシュボードに「XJR575」バッジを、フロント&リヤのダイヤモンド・キルトシートには専用の刺繍が配されている。

ジャガー XJの2018モデル 価格表

ジャガー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる