情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

フォルクスワーゲン パサートに2.0Lディーゼルターボを搭載した「2.0TDI」を日本導入

2017年10月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパン は2017年10月11日、「Passat(パサート)」のディーゼルエンジン搭載車、「Passat TDI(パサート ティーディーアイ)」シリーズの型式認証を取得し、日本市場への導入を決定した。国内販売は2018年初めを予定していて、第45回東京モーターショーで「パサート・ヴァリアントTDI」を参考出品する。

フォルクスワーゲン パサートTDIシリーズを日本に導入

今回導入される2.0Lディーゼルターボエンジンは、排ガス後処理システムに酸化触媒、SCR(尿素式選択還元触媒)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)を採用することで、世界的にも厳しいとされる日本のポスト新長期排ガス規制に適合している。この導入によってパサートは、PHEVとディーゼルターボ、ガソリンターボという3種のパワートレインをラインアップに持つこととなる。

フォルクスワーゲン 2.0Lディーゼルターボエンジン 2.0TDI

2.0Lディーゼルターボエンジン、2.0TDI

フォルクスワーゲン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる