情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【東京モーターショー2017】日立 世界最小クラスの77GHzミリ波レーダーを開発

2017年10月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月3日、日立オートモティブシステムズは、走行中に遠距離の障害物を検知する、遠距離レーダーとして世界最小クラスの77GHzロングレンジ・ミリ波レーダーを開発したと発表した。

東京モーターショー2017 日立 世界最小クラスの77GHzロングレンジ・ミリ波レーダー

新開発された77GHzロングレンジ・ミリ波レーダー(奥行き:30mm、高さ:60mm、横幅:45mm)

この新開発品は、2015年に開発した試作品と比較して50%以上の小型化を実現し、さらに従来の試作品では対応していなかった、上下方向の検知を可能としている。本開発品は、自動運転の普及に貢献する技術として、2020年の製品化を予定しているという。

今回、新たに開発した77GHzロングレンジ・ミリ波レーダーは、ホーン形アンテナの誘電体レンズを分割したアンテナの形状とし、電磁波の放射効率を維持したままアンテナの奥行き幅を低減。これにより、2015年に開発した試作品と比較して奥行きを約30%、高さを約15%、横幅を約25%低減、体積比では50%以上の小型化を実現でき、車両への搭載性が大幅に向上している。

また、受信アンテナ数を2つから4つへと増やし、アンテナを左右方向に加えて上下方向にも配置することで、車両の前方200m先の検知性能を確保したまま、上下方向4度範囲の角度検知を可能としている。このため遠くの陸橋や歩道橋、路上の落下物などを識別する能力を備えている。

この新開発されたミリ波レーダーは、10月27日〜11月5日まで東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」に出展される。

日立オートモーティブシステムズ アーカイブ
日立オートモーティブシステムズ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる