情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

フォルクスワーゲン 自動運転実証実験プログラム(SIP-adus)に参加

2017年10月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲンの車両実験や認証、グローバル調達などを行なっている技術代表オフィスである「東京技術代表オフィス(VTT)」を通じて、日本政府が推進する自動運転開発プログラム「戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム(SIP‐adus)/大規模実証実験」に参加することを決定した。

自動運転実証実験プログラム(SIP-adus)で使用するフォルクスワーゲン車両

自動運転実証実験プログラム(SIP-adus)で使用するフォルクスワーゲン車両

このSIP-adusとは、SIP(内閣府総合科学技術・イノベーション会議が省庁の枠を超えて科学技術イノベーションを推進する国家プロジェクトで、adusはそのSIPの下、安全性や運転支援技術の高度化、ユニバーサルな移動手段としての自動走行システムの実現を目指して活動しているプログラム。VTT はSIP-adusの下で行なわれるダイナミックマップおよびHMIの実証実験に参加。2017年秋から2019年にかけて地図情報や人とクルマのコミュニケーションについて実証実験を行ない、自動運転につながる運転支援技術の開発につなげていくことを狙っている。

日本市場におけるフォルクスワーゲン乗用車ブランドは、現在、自動運転レベル2となる渋滞時追従支援システム「Traffic Assist 」( レーンキープアシストシステム「Lane Assist」とアダプティブクルーズコントロール「ACC」を組み合わせたシステム)を7 モデル31グレードに搭載しており、今後も増やしていく予定。「People’s Car」ブランドとしてこの実証実験で得られるノウハウも活かし、先進技術をより多くのユーザーに提供していく、としている。

フォルクスワーゲン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる