情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ジャガーF-TYPEの2018年モデル発売。2018限定グレード400SPORTもラインアップ

2017年10月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパは、設計から生産まで自社で手がけた、2.0L 4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力300PS)を追加して大幅にラインアップを拡充させた、ピュア・スポーツカー「F-TYPE(Fタイプ)」の2018年モデルを、2017年9月30日(土)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始すると発表した。

ジャガー F-TYPE MY18

ジャガー F-TYPE MY18 クーペ

ジャガーF-TYPEクーペ

ジャガー F-TYPE SVO MY18 コンバーチブル

ジャガーF-TYPE SVOコンバーチブル

「F-TYPE」2018年モデルでは、LEDヘッドランプやフロントバンパーに新デザインを採用ししている。また、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートによって足もとのスペースを確保し、8kg以上の軽量化も実現している。またコネクティビティ機能も強化されていて、「F-TYPE」では初となる最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を全グレードに標準装備。さらにGoPro社と共同開発した「ReRun」アプリにも対応している。これは、自分だけのドライビング・エクスペリエンスがリアルタイムに記録できる世界初のアプリで、GoProで撮影した走行映像と、車両の走行データ(速度、スロットルポジション、ギア選択、制動力、加速度)が記録でき、またその映像をスマートフォンにダウンロードし、ソーシャルメディア等で簡単に共有することもできるようになっている。

ジャガー F-TYPE SVO MY18 コンバーチブル インテリア

F-TYPE SVOコンバーチブルのインテリア

ジャガー F-TYPE 400R MY18 ブレーキキャリパー

F-TYPE400Rはブレーキなどが専用装備となる

エンジンは300ps/400Nmから575ps/700Nmまで6種をラインアップ。ボディタイプはクーペとコンバーチブル、トランスミッションはATとMT、駆動方式は後輪駆動と全輪駆動があり、それぞれ組み合わせると、28機種の展開となる。随所に特別なデザインを取り入れ、3.0L V6 スーパーチャージド・ガソリン・エンジンの出力を400psにアップさせた「F-TYPE 400 SPORT」(2018年モデルのみの展開)や、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手掛けた、最上級グレード「F-TYPE SVR」などもラインアップしている。

ジャガー F-TYPE MY18 価格表

Jaguarウェブサイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる