情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

東洋ゴム アメリカ、マレーシア工場のタイヤ生産能力を向上

2017年9月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月28日、東洋ゴムはアメリカ・ジョージア州にあるアメリカ工場とマレーシア・ペラ州にあるマレーシア・タイヤ工場の生産能力を向上させると発表した。

東洋ゴムは、2017年にスタートした新たな中期経営計画により、アメリカ市場での商品力の強化、販売の拡大、ブランド力の向上などを図るため、より効率的な供給体制を構築することが今回の狙いだ。

東洋ゴム アメリカ・ジョージア州 アメリカ工場 生産設備拡充

ジョージア州にあるアメリカ工場

東洋ゴムにとって、収益の柱となっているアメリカ市場向けの生産拠点となっている、ジョージア州の工場と、グローバル供給のハブ機能を持つマレーシア工場の敷地内にそれぞれ新たな生産設備、工場施設を導入し、さらなる生産能力の向上を図ることになった。これにより、ピックアップトラック、SUV、クロスオーバー用の大径タイヤの供給体制を強化する。

アメリカ工場には約140億円を投入し、年産480万本の生産能力を持つ新たな生産工場を建設し、第1段階として年産240万本規模の生産設備で2019年10月から稼働させる計画だ。また、新たな生産拠点の建設も今後検討するという。

東洋ゴム マレーシア・ペラ州タイピン マレーシア工場 生産設備拡充

ペラ州タイピンにあるマレーシア工場

マレーシア工場は、東南アジアにとどまらず、ヨーロッパ、日本、アメリカなど世界市場にタイヤ供給するグローバルハブ機能を持つが、このマレーシアにも210億円を投じて新工場を増設し、最終目標の年産480万本の1/2を達成できる生産設備をまず導入し、2019年7月からの稼働を目指す。これによりマレーシア工場の年産能力は500万本となる予定だ。

こうした増産体制により、東洋ゴムはタイヤ事業の2020年度の売上高を2016年度に比べて31.6%増の4000億円を目指す。

東洋ゴム アーカイブ
トーヨータイヤ公式サイト
東洋ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる