情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ ステップワゴンがビッグマイナーチェンジ スパーダにデュアルモーターハイブリッドを新設定

2017年9月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ 前後イメージ

2017年9月28日、ホンダは「ステップワゴン」、「ステップワゴン・スパーダ」のビッグマイナーチェンジを行ない、9月29日から発売を開始する。このマイナーチェンジで2機種ともにデザインを変更するとともに、スパーダにはスポーツ・ハイブリッド「i-MMD」を新設定している。

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ フロントイメージ

ステップワゴン

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ コックピット

ニッサン・セレナ、トヨタ・ヴォクシー/ノア、エスクァイアという競合モデルに対抗して、一段と商品力を高め、スパーダには3.5Lエンジン並みの動力性能を発揮するデュアルモーターハイブリッド「i-MMD」を搭載した。

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ 特徴イラスト

これまでステップワゴン/スパーダは1.5L直噴ターボエンジンを搭載し、ホンダらしい走りを提供してきたが、スパーダはより個性的で存在感のあるデザインとし、デュアルモーター・ハイブリッド・モデルは、ひとクラス上の上質でダイナミックな走りの性能とクラストップの燃費(JC08モード:25km/L、WLTCモード:20km/L)を両立させている。

■i-MMDハイブリッドシステム

i-MMDはその名称通り、アコード・ハイブリッドに搭載されているデュアル・モーター+エンジン直結クラッチを装備したハイブリッド・ユニットだ。

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ i-MMD性能曲線

搭載されるエンジンは、LFA型2.0Lアトキンソンサイクルで、圧縮比13.0。最高出力145ps、最大トルク176Nmを発生する。このエンジンは、通常走行時は発電機を回して駆動モーター用に発電し、高速巡航時だけはクラッチを接続して直接タイヤを駆動する役割を持つ。

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ LFA型アトキンソンサイクルエンジン

LFA型アトキンソンサイクル・エンジン

駆動用モーターは出力184ps、最大トルク315Nmと強力で、加速など動力性能は3.5Lエンジンに匹敵する。その一方でJC08モード燃費は25.0km/L、WLTCモード燃費で20.0km/Lとクラストップの低燃費となっている。

ホンダ ステップワゴンをマイナーチェンジ LFA型エンジンの駆動+発電用モーター

駆動+発電モーター

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる