情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

クルマと過ごす日々 vol.2

2017年9月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマと過ごす日々 vol.2

一週間の幕開けはFMヨコハマの「ザ・モーターウィークリー」出演から始まります。こちら収録番組で、毎週土曜に放送されています。84.7MHz夜8時からの30分間、クルマ話で盛り上がっています。

今週のゲストはピットレポーターでもおなじみのモータースポーツジャーナリスト高橋二朗さんです。10月の13日から富士スピードウエイで開催されるWECの特番でした。今季の出だしはすっかりトヨタの総合優勝、ル・マン制覇間違いないと思ってましたが、レースって分からないもんですね。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 高橋二朗氏 藤本えみりさん 高橋明氏

右の方がモータースポーツジャーナリストの高橋二朗さん

終盤にきてシリーズチャンピンが見えてきましたが、やはり耐久の王者ポルシェが強いです。しかしこのFSWでの6時間レースにトヨタが1位、2位を独占すれば、まだシリーズチャンピンの可能性も出てきますので、頑張れトヨタ!、頑張れニッポンってことで応援に行きましょう。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 メルセデスコネクション・ネクストドア

六本木のメルセデスコネクション・ネクストドアからSクラスをお借りしてテストドライブです

翌日からはメルセデス・ベンツのフラッグシップモデルSクラスの試乗です。東京・六本木にあるメルセデスコネクションから乗りだし、軽井沢方面にテストドライブ。同行はこの方、トヨタGRドライバーの佐藤久実さん。モータージャーナリストで、レーシングドライバーです。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 佐藤久実さん

モータージャーナリストであり、レーシングドライバーの佐藤久実さん。何か言いたげ・・・

クルマはとても静かで、さすがSクラス。高速道路を走っているのに、風の音もしなければ路面からのノイズもわずかに聞こえるだけで、まったくノイジーさがない。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 メルセデス・ベンツ Sクラス

記念撮影はMBJの広報マンお二人と。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 マイバッハ

マイバッハです。完全ショーファーなリムジン

もう一台、凄いクルマに試乗しました。マイバッハです。まぁ長〜げぃって言いたくなるほどロングホイールベース。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 マイバッハ 後席

見てください、タカハシは身長179センチ。余裕で足が組めます。高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 マイバッハ インテリア

運転席から振り返ると。この広さ。じつはこのマイバッハでワインディングを少し走りました。が、走るもんぢゃない。リヤのスタビリティが遥か遠くで何か起こっている、というハンドリングで、やっぱりショーファーメインのクルマなんだと納得。ハンドル握るならSクラス。

MBJの商品企画の方から面白い話が聞けました。

日本人の98%がナビを表示しているそう。通勤ルートでもナビを表示。渋滞やほかのインフォがありますからね。でもドイツでは真逆だそう。ナビ画面には、オーディオ表示をする人がほとんで、ナビは知らないところへ行くときに使うもの、という価値観だそう。まぁあたりまえって言えば、当たり前ですけどね。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 マイバッハ インスツルメントパネル

こちら、マイカーのインパネ周り。オーディを表示してみました。すると、前をよく見て運転することに気づきました。ナビ画面をちょいちょい覗く必要がなく、ずっと前を向いてます。ナビ案内はメーター内に表示されるので、まぁ、これだけでも目的地には着けそうです。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 マクラーレン570Sスパイダー 発表会

週末はマクラーレン570スパイダーの発表会。ヨコハマの大桟橋ホールです。雰囲気もマッチしていてチョベリグ。

高橋明コラム クルマと過ごす日々 vol.2 マクラーレン570Sスパイダー

Webの営業が弊社に来訪しました。面白いなぁと思ったのは、SEOからのコンテンツ作りだそうで、今後はAIの必要性も高まるのではと言ってました。ここでもAIが出てきます。IT業界でのAIは、聞いた範囲では解析技術での導入という意味でしたが、AIが優秀になればなるほど、人間を超えるコンテンツ作りが可能になりそうですね。そうなったら面白いのかなぁ・・・お笑い芸人に勝てるAIとか。。。

読んでほしい!今週のお勧め記事3選

【有料配信中】マツダのSKYACTIV-Xエンジン考察 じつはマイルドハイブリッドも採用!
有料記事で申し訳ありませんが、スカイアクティブXはマイルドハイブリッドだったんですよ。ぜひ、ご購入ください。
▼ご購入はこちら
http://www.mag2.com/m/0001670868.html
記事単品販売もあります。NOTEというwebページで、こちらは記事単位で購入できますが、少し割高ですけど。
▼ご購入はこちら
https://note.mu/autoprove/n/n6aa150414c13

【フランクフルトショー】加速するZFのソリューション群 vol.1 高精度3Dマップと自動決済
もう一本はこちらの記事。フランクフルトのIAAで発表されたZFのソリューション。これを読んでいればEV化とかガソリン絶滅とか、そういうことではないことが次第に分かります。

【繁浩太郎の言いたい放題】元ホンダの開発統括が新型N-BOXを試乗&解剖
こちらはホンダ在籍中にNシリーズを企画し、開発責任者として関わった繁浩太郎さんが、定年され、一般人となってから見た2代目N-BOXの出来具合を吟味しています。これ、ホンダの開発スタッフはドキドキものでしょうね。

ではまた来週!

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる