情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アクア・クロスオーバー試乗レポート 市街地の日常使いで強みを発揮

2017年9月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月にアクアはマイナーチェンジを受け、X-URBANを新たなグレード「CROSSOVER」として設定した。エクステリア、インテリアをはじめ多くの改良が行なわれたアクア・クロスオーバーに試乗したので、詳細をお伝えしよう。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

トヨタ アクア クロスオーバー 試乗 フロントイメージ

アクアX-URBANがクロスオーバーとなってマイナーチェンジ

ハイブリッド専用モデルのアクアは、このマイナーチェンジでエンジンの改良、ハイブリッド制御の見直しなどを行ない、クロスオーバーグレードの燃費はJC08モードで34.4km/Lとなっている。搭載するエンジンは1.5LのNZ-FXE型でアトキンソンサイクル、EGRを採用するなど、エンジンの高効率を目指すエンジンだ。

トヨタ アクア クロスオーバー 試乗 サイドイメージ

黒の樹脂モールでクロスオーバーらしいエクステリア

出力は74ps/111Nmで、これにモーター駆動のハイブリッドシステムTHSⅡが組み合わされている。モーター出力は45kw/169Nmでリダクション機能付きの無段変速機を搭載している。

トヨタ アクア クロスオーバー 試乗 エンジンルーム

1.5Lガソリンエンジンにモーターが組み合わされたTHS2ハイブリッド

また、このマイナーチェンジではボディ剛性のアップや装着タイヤのサイズアップ、サスペンションの見直しにより、乗り心地の改善といったところまで変更されている。

トヨタ アクア クロスオーバー 試乗 16インチアルミホイール

16インチ専用アルミホイールを装着

エクステリア、インテリアのデザインにも変更があった。フロントデザインでは、ヘッドライトやフェンダー、フード、バンパーなどのデザインが変更され、洗練されたイメージに変化している。リヤはコンビネーションランプ内のデザイン変更とともに、リフレクターをバンパー下部に新規設置し、安定感のあるデザインにしている。

トヨタ アクア クロスオーバー 試乗 コックピット

インテリアでは、センターメーターにTFTマルチインフォメーション・ディスプレイを標準装備。センタークラスターは一体となった面構成とし、新たにソフトレザー(合皮)のシートを採用するなど、先進かつ上質な印象となるよう変更されている。

トヨタ アクア クロスオーバー 試乗 インテリア

ソフトレザーを新たに採用し上質な印象

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる