情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【フランクフルトショー】ランドローバー「DISCOVERY SVX」をワールドプレミア

2017年9月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドローバーは2017年9月12日、フランクフルト・モーターショー2017において、「DISCOVERY」ファミリーの頂点に立ち究極のパフォーマンスを発揮する「DISCOVERY SVX」を発表、初披露した。

ランドローバー DISCOVERY SVXをフランクフルトショー2017で発表

ランドローバー DISCOVERY SVX

DISCOVERY SVX

「DISCOVERY SVX」は、究極のオールテレイン能力を持った、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)の製品ラインアップに新たに追加となるモデル。オンロードでの並外れたパフォーマンスを発揮する「RANGE ROVER SPORT SVR」、最上級のラグジュアリーを提供する「RANGE ROVER SVAutobiography」とともに、SVOの3つの柱を担うモデルとなっている。

「DISCOVERY SVX」は、2018年に製造開始予定。英国にあるSVOテクニカル・センターの熟練した職人たちによって手作業で組み立てられる初のランドローバー・モデルとのことだ。その特徴は5.0L V型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力525PS・最大トルク625Nm)を搭載し、DISCOVERYシリーズ初となる油圧式アクティブ・ロール・コントロール(H-ARC)を採用することでホイール・アーティキュレーション、ボディコントロールが向上するほか、オフロード走行時のトラクションが高められ、オンロードでもボディの横揺れを低減して滑らかで安定した走行を可能としているところ。ボディは軽量アルミニウムのモノコック車体構造と4コーナー・エアサスペンション・システムの両方を強化していて、ロングトラベル・ダンパーと改良ナックルの採用、さらにアルミニウム合金のアロイホイールに直径815mm、275/55 R20のグッドイヤー製Wrangler全天候型大径タイヤを装着することで、アプローチ・アングル、デパーチャー・アングル、ブレークオーバー・アングルを拡大させている。ミッションはインスピード・トランスファー・ボックスを備えた8速オートマチック。このミッション専用として、ソフトウェアのキャリブレーションも行われている。そのほかヒル・ディセント・コントロール(HDC)、エレクトロニック・トラクション・コントロール(ETC)、アダプティブ・ダイナミクス、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)、オールテレイン・プログレス・コントロール(ATPC)、電動パワーアシスト・ステアリング(EPAS)を搭載しているほか、ドライブセレクト・ロータリー・シフターの代わりにDISOCOVERY初となるピストル・シフターを採用し、オフロード走行時でも最適なギア選定ができるようになっている。

SVOディレクター マーク・スタントン氏
「『DISCOVERY SVX』は、ランドローバーがもつ究極のオールテレイン能力をダイナミックかつ傑出した形で提供し、家族全員に愛される、強固かつ多用途性を備えたSUVを実現しています。どのような地形でも、苦労することなく簡単に、止まることなくスムーズに走破でき、そしてコネクティビティ環境も充実しています。快適性や実用性を妥協することなく、さらに上をいくレベルのオールテレイン能力を実現した『DISCOVERY SVX』は、まさにオフロード走行の愛好家向けのために開発・設計したモデルなのです」

ランドローバーのWebサイトから登録すると、このDISCOVERY SVXについての最新情報を得ることができる。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる