情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【フランクフルトショー】リヤウイング非装着の「ポルシェGT3ツーリングパッケージ」を初披露

2017年9月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは、2017年9月12日から開催の第67回フランクフルトモーターショー(IAA)で、純粋なスポーツカー愛好家のための911として「911 GT3ツーリングパッケージ」をワールドプレミアした。

ポルシェ フランクフルトショー2017で911 GT3ツーリングパッケージをワールドプレミア

GT3は911のラインアップの中にあって、自然吸気としては最もパワフルなエンジンを搭載し、かつ駆動方式が2WDの、レーシングマシンに一番近いモデル。そして性能がホットなら外観もそれに負けず劣らずアグレッシブで、とりわけGT3らしさを主張しているのが、リアに装着された大型の固定ウィングだ。

しかし控えめな外観と、伝統的なドライビングプレジャーを特に重視するスポーツカーファンの間では、かならずしもその派手なエクステリアが好まれるわけではなかったのも事実。そこで今回追加リリースされることになったのが、GT3のパフォーマンスをそのままに、911カレラ同様の可変リアスポイラーを備えたツーリングパッケージというわけだ。そしてこのパッケージは、6速マニュアルトランスミッション搭載車のみを対象としている。

「ツーリングパッケージ」の名称は、じつは1973年モデルの911カレラRSの装備仕様でも用いられていた。当時もアグレッシブなカレラRSに対し、純粋主義の911デザインと、伝統的なインテリアを装備したモデルに、その名が与えられていたのだ。

当時のコンセプトを現代版に進化させたニュー911 GT3ツーリングパッケージは、基本的に通常の911と同じ構造のリアスポイラーが装着される。しかしウイング部にはボディカラー同色塗装のエアロダイナミックティアオフエッジ(ガーニーフラップ)が備わり、この車がGT3であることを主張する。また、シルバーカラーのサイドウインドウストリップ、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、ヘッドライトウォッシャーシステムのカバー、リアの“Porsche”ロゴなども、このモデルの特徴的な装備となっている。

ポルシェ 911 GT3ツーリングパッケージ フロントイメージ

ポルシェ 911 GT3ツーリングパッケージ サイドイメージ

ポルシェ 911 GT3ツーリングパッケージ リヤイメージ

ツーリングパッケージには、クラブスポーツパッケージとアルカンターラ仕様を除く911 GT3で選択可能なほぼ全てのオプションを装着することが可能だ。これらのオプションには、ボディとホイールの全カラー、PCCBセラミックブレーキ、リフトシステム、LEDヘッドライト、全ての種類のシート、クロノパッケージ、オーディオシステムなどが含まれる。

ボディはリアを除けば、911 GT3とほとんど変わらない。フロントエンドには大型エアインテークを備え、ラゲッジコンパートメントリッド前部には、GT3特有のエアアウトレットを持つ。唯一異なるのは、フロントとリアのライトに、ダークティンテッドカラーが施されない点だけだ。

サイドビューの特徴となるセンターロック式鍛造軽合金製ホイールは、フロントが9インチ幅で245/35 ZR 20タイヤを履き、リアは12インチ幅に305/30 ZR 20タイヤを組み合わせる。ホイールアーチは911カレラより44mmワイドで、さらに25mm低くなった車高が幅広感をいっそう強調してくれる。

ポルシェ 911 GT3ツーリングパッケージ コックピット

インテリアはマニュアルトランスミッションを装備した伝統的なスポーツカーの雰囲気を生み出している。純粋主義のGTモデルらしく、アルカンターラではなく上質なレザーを広範囲に使用。12時位置にマーカーの付いたステアリングホイールリム、シフトレバー、ドアパネルアームレスト、センターコンソールの収納ボックスリッド、インナードアハンドルがスムース仕上げのレザーで覆われる。

シート中央部はブラックファブリックとされる。ヘッドレストにはポルシェ クレストがエンボス加工されていて、パーシャルレザーインテリアのステッチは全てブラック。ブラックアルミニウムのトリムがインテリアに仕上げのタッチを加えている。

外見が控えめとはいっても、リアのエンジンフード下には、ポルシェが培ってきたモータースポーツテクノロジーを詰め込んだ、4L自然吸気の水平対向6気筒エンジンが収まっている。これはポルシェがこれまでに開発した公道仕様6気筒水平対向エンジンとしては、最大の総排気量となる。

スペックは最高出力が368kW(500PS)、最大トルクが460N・mを発生。最適なギアシフトにより0-100km/h加速タイムは3.9秒。最高速度は316km/hを叩き出す。またこのエンジンは高回転コンセプトを特徴としていて、最高回転数はスポーツカーのエンジンとしても並外れた9,000rpmに達する。

トランスミッションは、6つのギアのギア比がエンジンの出力に合わせて正確に調整されているのはもちろん、センターコンソールの“スポーツ”スイッチをオンにすると自動中間加速機能が働き、シフトダウン時にギアを高速で同期させ、非常にダイナミックなシフト操作を可能にしてくれる。またGTスポーツマニュアルトランスミッションは、自動ブレーキを備えた機械式リアディファレンシャルロック(PTV)も装備する。

911 GT3のシャシーは精巧な基本設計に加えて、ポルシェがモータースポーツを通じて開発したアクティブなリアアクスルステアリングも備えている。これは速度に応じて後輪を前輪と同位相または逆位相に操舵する機構。俊敏性と安定性を共に向上させるメカニズムだ。また、前後異サイズのタイヤは、前輪で操舵力と制動力を最適に伝え、後輪は強大なトラクション性能を生み出している。

全ての911 GT3モデルの標準装備には、リアルタイム交通情報付オンラインナビゲーションモジュールを含むポルシェ コミュニケーション マネージメントシステム(PCM)に加え、コネクト プラスモジュールとポルシェ トラックプレシジョンアプリも備わっている。このアプリによって、スマートフォン上での詳細なドライビングデータの表示、記録、および分析が可能になる。

本件に関する問い合わせは、ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911 またはポルシェ ホームページまで。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる