情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ 4代目「スイフト スポーツ」登場 1.4L直噴ターボ・エンジンを搭載

2017年9月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月13日、スズキは4代目となるスイフト スポーツを発表した。この新型スイフト スポーツは同日のフランクフルト・モーターショーでワールドプレミアされ、同時に日本でもベールを脱いだ。その走りのパフォーマンスは一層磨きがかけられ、世界に通用するBセグメントの本格的スポーツ・ハッチバックとして登場した。

スズキ スイフト スポーツ フロントイメージ

ボディカラーはスイフト スポーツのテーマカラーである「チャンピオンイエロー」

スズキ スイフト スポーツ リヤイメージ

スズキ スイフト スポーツ サイドイメージ

新型スイフト スポーツのコンセプトは「Ultimate Driving Excitement」。ずばり至高の刺激的なドライビングを楽しめるスポーツ・モデルとされている。ボディはもちろん3代目スイフトをベースにしているが、今回のスイフト スポーツは全幅1735mmとなり、ベースモデルより40mm拡幅されている。したがって、先代モデルと比べても+40mmとなる。

スズキ スイフト スポーツ サイズディメンション 前型との変更サイズ

ホイールベースはベース車と同じ2450mm(先代に比べ+20mm)で、全長はベース車より50mm長い。全長がベース車より長いのはノーズをやや前方に伸ばしたためで、全幅の増大はワイドトレッド化と左右フェンダーの張り出しに使われている。ボディはワイド化されたが、最小回転半径は5.1mmと従来より僅かに小さくなり、取り回しは抜群だ。

■ブースタージェットエンジンを搭載

搭載エンジンは、K14C型直噴ターボ「ブースタージェット」エンジンを搭載している。先代のM16A型自然吸気エンジンに比べ、1.4Lの直噴ターボはトルク、パワーは圧倒的に向上。このK14C型直噴ターボは最新のエスクードにも搭載されているが、新型スイフト スポーツ用はハイオクタン仕様とし専用チューンを加えることで、140ps/5500rpm、230Nm/2500-3500rpmとより高い出力を発生している。

スズキ スイフト スポーツ K12C型エンジン 1.4L直噴ターボ ブースタージェット

K14C型1.4Lの直噴ターボ「ブースタージェット」エンジン

スズキ スイフト スポーツ K14C型1.4L直噴ターボエンジン

エスクード用のK14C型はフラットトルク型だが、スイフト スポーツ用は低速トルクを向上させ、中速域でトルクを盛り上げることで、気持ち良い加速を実現している。そのため、より高いギヤで走行できるようになっている。

スズキ スイフト スポーツ K14C型エンジンとM16A型エンジンの性能曲線比較

スズキ スイフト スポーツ K14C型エンジン エスクードターボとの性能曲線比較

この直噴エンジンは7穴式インジェクターを装備し高微粒子の燃料を噴射し高速燃焼を実現。ターボは、ウエストゲート・ノーマルクローズ式を採用し、低負荷でもターボ回転数を高く保ち、より加速レスポンスを向上させている。

インタークーラーは前置きの空冷式だ。さらに冷却性能を高かめるためにラジエーターを大型化し、ダブル電動ファンとするなどし、放熱量は先代モデルより38%向上させている。

またエンジンのパッケージ・サイズは先代の1.6Lエンジンよりコンパクト化し、重量も88.8kgから88.6kgへと軽量化されており、これによりハンドリング性能も高められているのだ。

スズキ スイフト スポーツ 6速マニュアルトランスミッション カットモデル

■6速MT&ATのトランスミッション

このエンジンに組み合わされるのは6速MT、6速ATだ。従来の2ペダル車はCVTであったが、今回からよりダイレクトでレスポンスの良い加速が得られるステップATを採用。パドルシフトも備えている。

スズキ スイフト スポーツ 6速MTの特徴

6速MTはスポーツ走行に最適なクロスレシオを採用。途切れのない加速を実現している。また3速ギヤにはダブルコーン・シンクロを採用。シフト・ケーブルやレバー機構部もフリクションを低減。レバー部は先代より5mmショート化してクイックで滑らかな変速操作ができるようになっている。さらにターボが生み出す大トルクに合わせ、クラッチ容量も高め、滑らかにつながり、ペダルフィーリングも向上させている。

スズキ スイフト スポーツ 6速MT ギア比設定グラフ

このパワートレーンの採用により、先代に比べ0-100km/h加速タイムはMTで20%向上、ATでは25%向上している。一方でJC08モード燃費は、MTで16.4km/L、ATで16.2km/Lとなり、先代モデルより大幅に向上している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる