情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入! 同時にプラドをマイチェン&FJクルーザーの特別仕様車を発売

2017年9月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入するとともに、ランドクルーザープラドをマイナーチェンジし、9月12日に発売した。また、FJクルーザーに特別仕様車を設定し、10月16日に発売する。

トヨタ ハイラックス発売 FJクルーザー ハイラックス ランドクルーザープラド

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国・地域で販売され、累計世界販売台数約1730万台と、世界各国でポピュラーなモデルのひとつ。そんなハイラックスが13年ぶりに日本市場へ導入される。開発責任者である前田昌彦チーフエンジニアは、「日本国内では2004年に販売を終了しましたが、主に作業で使用する保有者が現在もなお約9000名いらして、復活して欲しいという声を多くいただきました。まず、このようなお客様にしっかりとお届けしたい」と語った。さらに、「モノの機能的価値のみならず、モノを所有することで得られる特別な体験や時間といった意味的価値をお客様にご提案していきたい。もちろん、ハイラックスは、『1ナンバークラスで毎年車検が必要』『高速道路での料金が少し高い』など、実用面から選択されにくいクルマかもしれません。しかし、『堂々とした佇まいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜び』や、『世界中で鍛え抜いたタフさ』を持ち合わせているクルマであると思います。また、『はつらつとした人生を楽しみたい』という思いを抱いている団塊世代のお客様に対し、アクティブなライフスタイルを送っているという表現の一助になることを期待しています」と続けた。

トヨタ ハイラックス発売 リヤイメージ

また、マイナーチェンジするランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに進化を採用したほか、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備した。FJクルーザーには、特別仕様車“Final Edition”を設定。特別設定色のベージュを外板色や内装の随所に採用することで、モダンさを高めた。

■車両概要

■<ハイラックス>

エクステリアは、「タフ&エモーショナル」をコンセプトに、迫力と躍動感を表現。また、インテリアは、随所に施したシルバー加飾、青色で統一した室内イルミネーションなどが、洗練さを演出。外板色にはネビュラブルーメタリック、クリムゾンスパークレッドメタリックを含む5色を設定し、内装色はブラックとしている。

エンジンは、2.4Lディーゼルエンジン「2GD-FTV」を搭載。低回転域でも高トルクを発揮する動力性能を備えるとともに、高熱効率による優れた環境性能を実現し、走行燃費11.8km/Lを達成している。

トヨタ ハイラックス 2GD-FTV 2.4Lディーゼルエンジン

安全面は、クルマだけでなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティや、車線逸脱の回避を支援するレーンディパーチャーアラートなどを搭載(「Z」に標準装備)。

機能に関する部分では、ダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステムを装備するのも特徴。市街地や高速道路では静粛性や燃費性能に優れた2輪駆動とし、不整地や滑りやすい路面では4輪駆動に切り替えることで、快適性と走破性を両立。また、ヒルスタートアシストコントロールやアクティブトラクションコントロール、ダウンヒルアシストコントロール(すべて「Z」に標準装備)を設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御。オンロードからオフロードまで本格4WD車としての高い走行性能を実現している。

そのほか、高強度のフレームに加え、振動減衰を高めるサスペンションを採用し、オンロード・オフロードとも優れた走行安定性と乗り心地を確保。また、デッキの低位置にスチールバンパーを設定することで荷物の積み降ろし時の乗降性を確保したほか、大型のアシストグリップを配置し、スムーズな車両への乗降を実現している。

トヨタ ハイラックス フレーム構造

■<ランドクルーザープラド>

エクステリアは、力強さと先進性をより一層高めたデザインへと進化している。フロントは、フード中央部を前方視界に配慮した形状としたほか、大型フロントグリルとヘッドランプを一括りにすることで力強さを演出。また、ヘッドランプは全車にLEDを採用したほか、19インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装。「TZ-G」に標準装備、「TX“Lパッケージ”」にオプション設定)を新設定。一方リヤは、コンビネーションランプの飛び出しを抑えたほか、ガーニッシュの意匠を変更することで、より安定感のあるスタンスを実現している。

トヨタ ランドクルーザープラド 一部改良 走行イメージ

トヨタ ランドクルーザープラド 一部改良 リヤイメージ

インテリアは、インスツルメントパネル周りを中心に、より先進的なデザインへと進化した。レジスターリング(エアコン吹き出し口)上部を下げることで視認性を高めたほか、ナビゲーションをタブレット型の薄い形状とすることでモダンさを強調するとともに、センタークラスターやメーターパネルに金属調加飾を施すことで上質感向上を図っている。また、ステアリングホイールは、握りやすさを考慮した設計としたほか、専用加飾を施すことでインスツルメントパネルとの統一感を演出した。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」やドライブスタートコントロールの全車標準装備に加え、ブラインドスポットモニター(「TZ-G」、「TX“Lパッケージ”」にオプション設定)を新設定している。

外板色は、新規設定色ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(オプション設定)とアバンギャルドブロンズメタリックを含む全9色を設定している。内装色は、新規設定色ニュートラルベージュを含む全2色の設定となる。また、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSDや、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを「TZ-G」に標準装備し、走る歓びを追求した。さらに、ディーゼル車のグレード体系を見直し、「TX」に7人乗りを、TX“Lパッケージ”に5人乗りを追加している。

■<FJクルーザー>

今回の特別仕様車“Final Edition”では特別設定色のベージュを、外板色やシート表皮、センタークラスターガーニッシュなどに採用。また、内外装の随所にブラック塗装を施したほか、20インチアルミホイールやサイドステップなどを特別装備し、魅力的な仕様とした。

トヨタ FJクルーザー 特別仕様車 Final Edition フロントイメージ

トヨタ FJクルーザー 特別仕様車 Final Edition リヤイメージ

FJクルーザーが“ファイナルエディション”となっているのは少々寂しいが、ハイラックスの再投入は期待大。少なくないピックアップトラックファンがどう反応するか?も興味深いところだ。

ハイラックス 車両情報
ランドクルーザー プラド 車両情報
FJクルーザー 車両情報

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる