情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ジャガー Eタイプをベースに電動パワートレインを搭載した「E-TYPE ZERO」を発表

2017年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー・クラシックは2017年9月8日、ジャガーを代表するスポーツカーである「E-TYPE」電動パワーユニットを組み合わせた「E-TYPE ZERO」を製作し、ジャガー・ランドローバーがロンドンで初開催する「Tech Fest 2017」(現地時間9月8日から一般公開)で初公開した。

ジャガー E-TYPE ZERO 走行イメージ

ジャガー E-TYPE ZERO フロントイメージ

E-TYPE ZERO

ジャガー E-TYPE ZERO コックピット

E-TYPE ZERO

このE-TYPE ZEROは、特別に開発した出力220kWの電動パワートレインを搭載していて、その電動パワートレインは、XKエンジンとまったく同じ場所に配置できるよう開発され、電動モーター(および減速ギア)もバッテリー・パックの真後ろに置き、「E-TYPE」のギアボックスと同じ場所になるようレイアウトされている。さらにバッテリーパックは、オリジナルの「E-TYPE」に使用していた6気筒のXKエンジンと同じ寸法で、かつ重量もほぼ同じ、というもの。総重量はオリジナルの「E-TYPE」よりも46kg軽くなっている。それによって前後重量配分は変わらず、オリジナルの「E-TYPE」のような走りとハンドリング、乗り心地、ブレーキングが体験でき、0-100km/h(62mph)加速は5.5秒と、オリジナルの「E-TYPE Series 1」と比較して約1秒も速くなっている。

ジャガー E-TYPE ZERO バッテリーパック

E-TYPE ZEROのバッテリーパック

ジャガー E-TYPE ZERO 充電口

充電は既設のフューエルリッドを開けて行なう

40kWhのバッテリーは、270km(約170マイル)という走行距離を可能としている。充電時間は電源に応じて通常6〜7時間とのことだ。

ジャガー E-TYPE ZERO 電動パワートレイン

システムの配置を工夫することで、前後重量配分はオリジナルと同じ。総重量は軽くなっている

ジャガー・ランドローバー・クラシック ディレクター ティム・ハニング氏
「新しい電動パワートレインを既存の『E-TYPE』の構造に統合させているので、オリジナルのエンジンをいつでも取り付け直すことができます。このことは、ジャガーのDNAを忠実に継承し続けることができ、当社にとってとても重要なことだと捉えています。このテクノロジーを用いて、XKエンジン搭載のクラシック・ジャガーを生まれ変わらせることができるのです」

Jaguarウェブサイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる