情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

パイオニア MEMSミラーを採用した「車載用3D-LiDAR」のサンプル出荷を開始

2017年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月7日、パイオニアは国内外の自動車メーカーやICT 関連企業などへ新開発のMEMSミラーを使用した独自の走行空間センサー「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始すると発表した。

パイオニア 走行空間センサー「3D-LiDAR」

MEMSミラー式の車載用3D-LiDAR

パイオニアは以前から、レベル3の自動運転には不可欠とされる3D-LiDAR(レーザスキャナー)を開発【https://car.autoprove.net/2015/09/8731/】してきた。3D-LiDAR は、遠方の物体まで高精度な距離の測定や、物体の大きさを検出できるレーザー光によるスキャニングセンサーで、物体形状の把握も可能なため、自動運転に不可欠なキーデバイスといわれている。

パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型、低コストな3D-LiDAR の開発を進めてきたが、いよいよサンプル供給を開始する。

MEMS(Micro Electro Mechanical Systems:超小型の電気機械システム)方式の3D-LiDAR は、開口部の小さいMEMSミラーとレンズを組み合わせ、最適化された光学設計により、車載用途での実用化を可能にしている。

パイオニア 走行空間センサー「3D-LiDAR」で取得する画像のイメージ

3D-LiDARで取得される画像イメージ

この3D-LiDAR のサンプルを、国内外の自動車メーカーやICT 関連企業などに供給し、相互で実用化に向けたトータルシステムとしての動作検証を開始する計画だ。その検証結果を基に、各企業の使用用途に適した仕様や形状、サイズなどの検討を行なうとともに、独自のデジタル信号処理手法を用いて、これまでのLiDARでは難しいとされていた黒色の物体や遠方物体(LiDAR 側で受信するレーザー光が微小な状況)の計測能力を高める技術の開発を進め、一般道でのレベル3、あるいはそれ以上の自動運転車への搭載や、次世代の高精度地図情報(GIS)サービスなどへの活用を目指す。

パイオニア 走行空間センサー「3D-LiDAR」 自動運転関連技術の開発ロードマップ

パイオニアの自動運転関連技術の開発ロードマップ

なお、この3D-LiDARは10月末から開催される東京モーターショーに出展する予定だ。

パイオニア アーカイブ
パイオニア 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる