情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【今日の編集後記】耐久レースと試乗車クルクルでてんてこ舞い

2017年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ耐久レースづいてます。タカハシがレギュラー出演しているFM横浜のラジオ番組「ザ・モーターウィークリー」」はレーシングチームを組んで、マツダロードスターメディア耐久4時間レースに出場していました。9月の初旬、応援に駆けつけました。

マツダロードスターメディア耐久4時間レース ザ・モーターウィークリーチーム

旗の持ち方が堂に入ってます

ちなみに、番組のノボリをお持ちの女性ですが、旗振りのプロなんです!スーパーGTの時、近藤マッチの大ファンということで、24号車の応援をするとき、グランドスタンドで旗振りをしているんだそうです。かなり大きい旗をレース中、ずっと振ってますよね?あれです。なんとなく、ノボリの持ち方も違うような・・・

鈴鹿1000kmレース ジェンソン・バトン

ジェンソン・バトン。反則ですこの顔とスタイル

その前の週は鈴鹿1000kmレース。今年が最後の1000kmレースになるということで、超満員の鈴鹿でした。ドライバーもあのジェンソン・バトン、小林可夢偉も出場して、レギュラーの中島一貴、ヘイキ・コバライネンも出場しているから、4名のF-1ドライバーが戦うといこうとですね。

ジェンソンはなんとQ1予選を突破できず、ノックダウン。いくらF-1ドライバーといえども、パッと乗って予選通過できるほど簡単ではない、ということなんでしょう。今のスーパーGTは非常に接戦で緊迫しています。レースでも可夢偉選手が1スティント担当しただけで、というのも、乗ったマシンがランキング争いでいい位置につけているものだから、お遊びしている場合ではない、というこなのか?レギュラードライバーを中心にドライバー交代していました。

鈴鹿1000kmレース ウェッズスポーツキャンペーンガール

う〜ん、ひだりかな

鈴鹿1000kmレース rafineeレディ

右かなぁ

鈴鹿1000kmレース スバルキャンペーンガール

人形みたいだなぁ

鈴鹿1000kmレース アドバンキャンペーンガール

お!美形だ

鈴鹿1000kmレース ZENTキャンペーンガール

いや〜どっちもいい

まったく失敬なヤツでごめんなさい。心の中でつぶやくべきものを・・・。

それと印象的だったのがレース展開。300クラスはLEONチームがスタート1周目にピットインしてドライバー交代という作戦。黒沢元治さんの息子さんがドライバーを務めてますが、BSタイヤの市販ポテンザシリーズはその元さんが開発に関わっています。噂ではBSの担当者に「50L走ってもタレないタイヤを持ってこい」と言ったとか言わないとか。だから、この作戦?見事的中でした!さすがです。

鈴鹿1000kmレース GT500/300優勝者

←が300クラスLEONレーシング。→が500クラスのEPSON NSX

そして500が松浦孝亮とベルトラン・バゲットのエプソン・モデューロNSX-GTが優勝。レース直後といっても30分は経過している記者会見でも号泣する孝亮が印象的でした。おめでとうございます。

スーパー耐久 レース風景

S耐はいろんなクラスの市販車が走っています

話は前後しますが、鈴鹿1000㎞の翌週がラジオ番組のレースチームが参戦した4時間耐久で、これが土曜の決勝レースでした。レース後、そのまま富士スピードウエイへ移動して、今度はスーパー耐久10時間レースです。このレース、来年は24時間レースになるみたいですね。日本のニュル24時間レース版ですね。市販車ベースのレース車両でヴィッツ、フィットからフェラーリ488、ポルシェ911GT3なんてクルマが混走しています。クルマ好きには刺さります。

富士ジュラシックウェイ

恐竜と解説文

いま、富士スピードウエイの100Rの内側にFJW=富士ジュラシックウエイというパークがあります。入場料1500円と高いですが、夜見たら面白いかも。

富士ジュラシックウェイ 動く恐竜

この恐竜、人感センサーで反応して動きます

レース以外でも試乗がかなり立て込みました。ここでは紹介できませんが他に、アクアクロス、アウディQ2、SX4 S-CROSS、ハリアーゴルフGTIと立て続けに試乗しています。順次レポート出しますので、読んでください。

トヨタ 新型カムリ サイドイメージ

おっさんホイホイ。いいですなぁ、新型カムリ

新型カムリ。これすでに試乗レポートは掲載しています。圧倒的なカッコよさ、ビューティフルモンスターというキャッチコピーで宣伝していますが、まぁ、そこまではカッコいいとは思いませんけど、カッコいい系だと思います。

トヨタ 新型カムリ コックピット

レザーシート仕様は大人です

タカハシは個人的にはどんなに制御がよくてもCVTは買いません。やっぱりつまらないから。でもね、このカムリTHS-2なんですが、初めてハイブリッドでも買ってもいいかな?って思いました。60km/hくらいからの中間加速ってCVTはまったくダメですよね、各社。唯一スバルがいいけど。で、このカムリもいいです。ドラビリもいいので、興味のある方はディーラーで試乗してみてください。感想もいただけたら嬉しいです。FBもありますし、編集部あてにメールでもいいです。

スズキ スイフトハイブリッド

スイフトハイブリッドは5速AGS

もう一台気に入ったのがスズキのスイフトハイブリッドです。こちらスポーティという系統ではなくエコカーです。気に入ったと言っても自分では乗りませんが、AGSのネガと言われている変速時の減速感を補う制御や、100Vでのフルハイブリッド化などアイデアが満載で、スズキらしいなぁと気に入りました。こちらもすでに記事は掲載していますので、試乗レポートを読んでみてください。

ホンダ グレイス

ホンダ・グレイス。密かにマイナーチェンジしています

最後に、もう一台のお気に入り。ホンダのグレイスです。マイナーチェンジを7月に行っていたのですが、試乗する機会がなく、ようやくテストドライブできました。レポート記事はまだ書いていないのですが、このクラスに先進のACCやフラットワイパーを標準装備するなど、高級です。乗り心地もすこぶる快適で、フィットよりいいかも。230万円くらいで、サイズもコンパクト。後席のスペースも十分あってセダンの価値も高いなぁと。レポートは少しお待ちください。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる