情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ メルセデス・マイバッハSクラスの新型を発表

2017年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は2017年9月8日、新型の「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表し、全国の正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始した。なおデリバリーはS560・4MATICが9月より順次、S560とS650は12月頃からの開始を予定している。

メルセデス・マイバッハSクラス フロントイメージ

マイバッハ クラシックカー

1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした高級感で人々を魅了した伝説の名車が「マイバッハ」。それがメルセデス・ベンツの傘下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えたブランドとしてまったく新しく生まれ変わったのが、「メルセデス・マイバッハ」だ。メルセデスによる最新鋭のテクノロジーを備え、きわめてゆったりとした室内空間にプレステージ感あふれるデザインとクラフトマンシップにより仕上げられた素材を随所に採用した、新しい高級車の形を提供している。

メルセデス・マイバッハSクラス サイドイメージ

メルセデス・マイバッハSクラス 正面

メルセデス・マイバッハSクラス Cピラーのエンブレム

メルセデス・マイバッハSクラスは、Sクラスのロングモデルよりさらに20cm長いホイールベースを持つ。Cピラーには丸みのある三角形の中に2つのMをあしらったMaybach Manufaktur(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが装着されている。今回のマイナーチェンジでは、Sクラスセダンと同様に光ファイバーによる3本のラインが特徴的なヘッドライトを採用し、フロントグリルに「MAYBACH」ロゴを新たに入れている。またS650ではヘッドライト下のバンパーデザインを変更することで、V型12気筒ツインターボエンジンに対する冷却効果を高めて、効率化にも貢献している。

リアコンビネーションランプには満天の星空の輝きを想起するLEDのクリスタルルックを採用。被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することにより眩惑を防ぎ、見た目の華やかさだけでなく、安全性にも寄与する。また、そのLEDリアコンビランプが内側から外側へ、下側から上側へと流れるように解錠&施錠時に点灯するカミングホームファンクション機能も新たに導入している。

メルセデス・マイバッハSクラス インテリア

インテリアは、最高の素材を最上のクラフトマンシップで仕上げたウッドトリムが、美しいカーブを描きながらリアシートを取り囲む。センターコンソールのウッドトリムにはMAYBACHのレタリングを、フロントセンターアームレストとリアアームレストにはMaybach Manufakturのエンブレムが飾られている(designoスタイルパッケージ選択時を除く)。

また、美しいカーブを描くダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型のコックピットディスプレイや、タッチコントロールボタン付きのマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載した64色のアンビエントライトなどの装備により、フラッグシップモデルにふさわしいエレガントでエクスクルーシブな室内空間を演出している。

リアシートは左右とも座面の下からせり上がるレッグレストを備え、スイッチ操作でバックレストが43.5度までリクライニングが可能なエグゼクティブシートを採用。ルーフラインの形状変更によって、ヘッドクリアランスもSクラスより余裕を拡大。なお、後席からも助手席を自動で前方にスライドしながら倒せて、ヘッドレストの折りたたみも可能なショーファーポジション機能も備えている。

メルセデス・マイバッハSクラス リヤアームレスト クーリングボックス ロベ&バーキング専用シャンパングラス

また今回、ファーストクラスパッケージを選択すると、リアシートのアームレスト後端に備えられたサーモスタット制御のクーリングボックスで冷やした飲み物を、ドイツの歴史ある高級銀食器メーカー、ロベ&バーキング社がマイバッハ専用に製作したシャンパングラスで楽しめるようになった。このグラスは専用の収納スペースを備え、使用時には専用の台座に固定可能。また、片手で簡単に出し入れが可能な左右リアシート用格納式テーブルも備えている。

機能面では今回、インテリジェントドライブがさらに進化したことが特筆できる。このインテリジェントドライブとは、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、 超音波センサーにより自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステムにより、先行車両や横切る車両、後方車両、対向車に歩行者などを検出し状況を判断。アクセルやブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることで、ドライバーの負担を軽減し安全性と快適性を向上させるものだ。

先行車との車間距離を維持するアクティブディスタンスアシスト・ディストロニックは高速道路走行中の自動再発進機能を新たに備え、停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進するようになった。またステアリング上にスイッチを配置したことで、より直接的に操作機能ができるように改善された。アクティブステアリングアシストも強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガードレールなどを検知してアシストを実行。高速道路上での車線変更をアシストするアクティブレーンチェンジングアシストは一定の条件下(約80km/h~180km/hで走行中など)なら、ウインカーを操作すると、行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認して自動で車線を変更してくれる。

また、緊急時のステアリング操作をアシストする緊急回避補助システム、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護するPRE-SAFEサウンドなどの新機能を採用したほか、歩行者に加えて交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動するアクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付き)も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現している。

セグメント最長の照射距離を誇るウルトラハイビーム付きのマルチビームLEDも今回導入された。さらに快適な乗り心地を実現するサスペンションシステムのマジックボディコントロール(S560・4MATICを除く)には、コーナリング時にバイクのライダーのように車体を内側に傾ける(最大2.65°)ことで、乗員に働く横加速度を軽減。より安定した爽快なコーナリングを実現するダイナミックカーブ機能を追加している。

今回最後の大きなエポックとして、自動車が通信することによりユーザーの利便性を向上する先進的なテレマティクスサービスMercedes me connect(メルセデス・ミー・コネクト)の搭載が挙げられる。これは24時間緊急通報サービスなどを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」、リモートパーキングアシストなどを3年間無償で提供する「快適サービス」、24時間コンシェルジュサービスを1年間無償で提供する「おもてなしサービス」の3つのサービスカテゴリーから構成される。

メルセデス・マイバッハS560 フロントイメージ

メルセデス・マイバッハS560

メルセデス・マイバッハS560 V8エンジン

メルセデス・マイバッハS560 V8エンジン

メルセデス・マイバッハS650 フロントイメージ

メルセデス・マイバッハS650

メルセデス・マイバッハS650 V12エンジン

メルセデス・マイバッハS650 V12エンジン

新型マイバッハSクラスのラインアップは、低負荷での走行の際に4気筒を休止して燃料消費とCO2排出量を抑制する4.0LのV型8気筒直噴ツインターボエンジン搭載し、最高出力345kW(469ps)と最大トルク700N・mを発生するメルセデス・マイバッハS560、同じくこのエンジンとメルセデス最新の四輪駆動システムを搭載したメルセデス・マイバッハS560・4MATIC、最高出力463kW(630ps)、最大トルク1000N・mを発生する6.0LのV12エンジンにより、滑らかなフィーリングと静粛性を実現するメルセデス・マイバッハS650の3グレードを設定している。

メルセデス・マイバッハSクラス 価格表

メルセデス・ベンツ日本公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる