情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ 国内四輪車の累計販売台数2,500万台を達成

2017年9月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは、軽四輪車と登録車を合わせた国内四輪車の累計販売台数が、2017年8月31日に2,500万台を達成した。

スズキは1955年10月に軽四輪車「スズライト」を発売して以来、軽自動車では1970年に軽四輪駆動車「ジムニー」、1979年に軽自動車「アルト」、1993年に軽ワゴン車「ワゴンR」、そして2014年には軽クロスオーバーの「ハスラー」を発売。また登録車は1965年に小型車「フロンテ800」、1983年に小型車「カルタス」、1988年に小型四輪駆動車「エスクード」、2004年に世界戦略車の小型車「スイフト」など、独創的かつ顧客に求められる商品を提供してきている。

それから61年11ヵ月、スズキの国内四輪車累計販売台数は、2,500万台を達成した。内訳は軽自動車が約2,296万台、登録車が約205万台というものだ。

なお、世界の四輪車累計販売台数は、2017年7月末時点で約6,260万台。日本に続きインドが約1,676万台、中国が約369万台、インドネシアが約222万台となっている。

スズキは、「走る喜び」「使う楽しみ」「持つ幸せ」を追求し、今後も顧客の期待を超える価値あるクルマを提供していくと語っている。

スズキ 国内四輪車 累計販売台数2,500万台達成 沿革 実績

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる