情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 四輪車の海外、世界、アジア、中国での生産が7月として過去最高

2017年8月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは2017年8月30日、2017年7月度の四輪車の生産・販売・輸出実績を発表した。

■生産

7月の国内生産は62,596台で、前年比は94.0%。4カ月ぶりに減少に転じる形となった。しかし前月まで3カ月連続で増加していたこともあって、1〜7月累計として見ると464,280台で前年比は101.2%。モデルサイクル等に起因するゆらぎと見ていいかもしれない。

片や海外生産の方へと目をやると、前年比109.4%にあたる334,542台。これは7月単月として過去最高の生産台数だ。

その内訳としては、まず中国が132,537台で前年比118.5%。それに引っ張られるようにアジアが195,853台で前年比同じく118.5%。いずれも2年以上連続となる前年比増加が続いている。それにより、米国を中心とした北米の生産実績の減少をものともせず、海外生産全体が増加したという次第だ。

また世界生産の括りで見ても、397,138台は前年比106.6%で、3カ月連続の増加となった。

以上の中国生産、アジア生産、世界生産も、海外生産と同じく7月単月としては過去最高の販売台数となっている。

1〜7月累計では、北米が前年比で100%を割り込んでいるものの、他の地域では軒並み100%オーバー。世界生産は2,984,012台で前年比104.5%となった。

■国内販売

国内販売の総合計は55,361台だった。これは前年比で103.3%となり、3カ月ぶりの増加となっている。1〜7月の累計でも431,980台は前年比101.9%だ。

このうち登録車は32,394台。前年比は102.2%で、このところ減少傾向だった数字が、3カ月ぶりに増加に転じた。1〜7月累計も232,448台で、前年比は100.9%。ギリギリとはいえ増加側の結果を残している。

登録車の販売台数を車種毎に見ると、登録車名別4位のフィットが11,908台を占め、さらに同8位のフリードが7,396台で次に続いている。

届出車は総台数こそ22,967台と登録車より少ないが、前年比は105.0%で3か月連続で増加。相変わらずN-BOXの販売は好調で、届出車名別1位をキープする14,504台を販売した。

■日本からの輸出

日本からの輸出に関しては、やはり全般的に縮小傾向にある。北米が1,943台で前年比21.6%というのは極端なデータだが、欧州も2,695台で前年比60.1%、アジアも1,148台で80.0%と軒並み減少している。

そのため総合計も6,529台で41.4%。1〜7月累計も46,081台で55.4%と、ほぼ半減状態だ。関税の問題や輸送コスト対策などから、日本で生産して海外へ輸出するというやり方は、メーカーを問わず今後さらに縮小していくことになるのだろう。

ホンダ 2017年7月度 生産 販売 輸出 実績

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる