情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 「N-BOX」をフルモデルチェンジ 最新技術を投入し軽自動車を超えるクルマづくりに挑む

2017年8月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ 「N-BOX」をフルモデルチェンジ 最新技術を投入し軽自動車を超えるクルマづくりに挑む

2017年8月31日、ホンダは軽自動車スーパーハイトワゴン「N-BOX」を6年振りにフルモデルチェンジし、9月1日から発売する。ホンダの軽自動車シリーズのモデル刷新のトップバッターとして登場したN-BOXは、本格的な軽自動車ファミリーカーを目指し、ボディ、エンジンなどに最新技術を投入した意欲作だ。

ホンダ 「N-BOX」をフルモデルチェンジ 開発コンセプト

N-BOXはホンダの新世代軽自動車シリーズの第1弾として2011年にデビューし、その後はN-BOX+、N-BOXスラッシュ、Nワゴン、N-ONEなどのラインアップを拡充した。しかしN-BOXはホンダ史上最速で累計100万台を突破するなど軽自動車スーパーハイトワゴンでNo1の座を占めており、モデル末期でもトップセールスを記録する大成功作となった。

今回登場した新型N-BOXは従来モデルを凌駕し、軽自動車の常識を超える性能を実現するため原点に立ち返って開発が行なわれている。

ホンダ 「N-BOX」をフルモデルチェンジ モデルバリエーション

■コンセプト

今回登場した第2世代のN-BOXは、走り、パッケージング、安全性、使い勝手、快適性など全方位でさらなる性能向上を目指し、単なるモデルチェンジではなく、ゼロベースで開発がスタートしている。

N-BOX G・Lターボ(プレミアムイエロー・パールⅡ+ホワイト) フロントイメージ

N-BOX G・Lターボ(プレミアムイエロー・パールⅡ+ホワイト

N-BOX G・Lターボ(プレミアムイエロー・パールⅡ+ホワイト) リヤイメージ

開発のキーワードは「N for Life」である。N-BOXのユーザーは子育て世代だけでなく、幅広い年代や多様なライフスタイルの人々も含まれているため、より生活が豊かになるために、アイデアや工夫を盛り込み、軽自動車という枠にとらわれない軽自動車づくりだ。多くの人々に支持されるファーストカーであり、ファミリーカーとしてユーザーの日々の生活をもっと豊かに変えることを目指すということだ。

N-BOX G・Lターボ インテリア

N-BOX G・Lターボのインテリア

なおコンセプト作りは開発責任者の白土清成LPL、そしてブランド・メイキングは初代モデル同様にクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が担当している。佐藤可士和氏はユニクロや楽天などのCI、ロゴ・デザインなどで知られている方だ。

ホンダ N-BOX S07B型ターボエンジン

S07B型ターボエンジン

開発コンセプトは、次のような内容だ。
洗練されたデザイン:現行モデルのボクシーデザインの良さをさらに磨き上げた上質なスタイルとし、カスタムはセレブリティ、車格感を強調。
安全装備の大幅な進化:ホンダ・センシングを全車に標準装備し、圧倒的な安心感を備える。
パッケージング:現行モデルをさらに上回る圧倒的な広さを確保し、家族がゆとりを感じる生活を目指す。
走行性能:新エンジン採用、新プラットフォームによる軽量化などにより、乗れば分かる走りの進化を実現する。

つまりは、軽自動車スーパーハイトワゴンNo1の広さに満足せず、さらなる居住スペースを追求したパッケージングと走り、安全装備、そしてデザインによりすべての面で1ランク上を行き、軽自動車の常識を超える存在を目指しているのだ。

その結果、プラットフォームやエンジン、トランスミッションを刷新するなど、通常のモデルチェンジ以上の、大規模な開発が行なわれることになった。そのために「鈴鹿・軽・イノベーション」と名付けられた開発、購買、生産、営業部門が鈴鹿製作所で一体化されたプロジェクトとしてクルマづくりが行なわれ、これまででは不可能だった設計や製法が積極的に採り入れられている。

■デザイン

デザインは、現行モデルを前提とせず、新たな模索を行なったが、最終的にはしっかりとしたノーズや上下の寸法が十分確保された左右ドアパネル、そして堂々とした存在感といった、これまでのN-BOXのデザイン骨格は、他の軽自動車スーパーハイトワゴンとは一線を画しており、これを生かしてミニバンのような存在感を生み出すデザインとするという結論に達したという。

N-BOXカスタム G・EXターボ(プレミアムグラマラスブロンズ・パール) フロントイメージ

N-BOXカスタム G・EXターボ(プレミアムグラマラスブロンズ・パール)

N-BOXカスタム G・EXターボ(プレミアムグラマラスブロンズ・パール) リヤイメージ

つまりN-BOXの魅力や特長を生かしながらデザインを洗練させ、ベルトラインの高さを生かしながら上質感、端正さ、品格を重視。インテリアは、心地よいカフェで時間を過ごしているようなモダンさとシンプルさを兼ね備えたデザインとしている。

N-BOXカスタム G・EXターボ インテリア

N-BOXカスタム G・EXターボのインテリア

カスタムは、「セレブリティ・スタイル」をデザインテーマにしている。標準モデルからの派生デザインではなく、もうひとつのN-BOXとして、先進性やハイエンドな世界観を持つ堂々としたデザインを追求。先進的で、存在感が強く、プレミアム感のあるデザインとしている。

インテリアもカスタム専用のブラック基調で、大人の感性を満足させる上質感のあるデザイン処理で仕上げ、標準モデルとはまったく違う世界観を表現している。

■パッケージングと使い勝手

N-BOXはもともとホンダの提唱するMM思想をベースに開発され、エンジンルーム全長を短縮し、バルクヘッド位置を前進させて軽自動車クラスでトップレベルの室内前後長を実現していた。

ホンダ 新型N-BOX パッケージングイラスト

新型N-BOXはより広い室内空間を目指し、プラットフォームを一新。全長3395mm、ホイールベースこそ変更はないが、さらなる居住スペースを追求してエンジンルームをコンパクト化し、リヤのテールゲートも薄肉化するなどにより前後のシート間隔を25mm拡大し、ラゲッジルーム前後長も25mm延長するなど大人4人がゆったりくつろげるスペースを確保している。

ホンダ 新型N-BOX シートバリエーション概要イラスト

さらに、フロントのセパレートシート・タイプの場合は570mmという助手席ロングスライド機構を採用し、その他にフロントベンチシート・タイプも設定して、新しい使い勝手を提案している。

ホンダ 新型N-BOX シートアレンジの説明 大スライド量

助手席ロングスライドは、助手席を最大限前進させることで、リヤの長尺荷物を搭載でき、スライドを交代させると、リヤシートに設置したチャイルドシートに簡単にアクセスできる。また助手席のシートバックを前倒しすると、リヤシートから運転席へ車外に出ることなく移動できるなど、従来にはない利便性を生み出している。

なお助手席ロングスライトを実現するため、助手席シート下側にある扁平なセンター燃料タンクをさらに70mm薄型化、4WDモデルは超扁平な鞍型タンクを新採用している。さらに助手席を限界まで前進できるようにインスツルメントパネル内のエアコンユニットも小型化させている。

フロントシートはミドルクラス・セダンと同等のサイズとし、クッションの厚みも十分確保し、長距離ドライブでも疲労の少ない形状としている。またリヤシートは3段階リクライニングが可能で、前後スライドは190mmでき、チップアップ、ダイブダウンのいずれも可能の左右独立式としている。

その他ではすべてのウインドウガラスが紫外線、赤外線カットガラスを標準装備。またエアコンはPM2.5対応フィルターを標準装備するなどひとクラス上の装備を実現している。

ホンダ 新型N-BOX 防音材配置説明イラスト

静粛性の向上も重視され、液封マウントを含むエンジンマウントの改良、ボディ全体をカバーする吸遮音材を装備し、さらにN-BOXカスタムは前後のドア内部にも防音材を採用するなどし、コンパクトクラスの乗用車並みの静粛性を実現している。

視界の面では、フロントピラーを従来型より27mm細くした極細Aピラーを実現し、斜め前方視界を改善。なおこの極細Aピラーは1.2GPa級の超高張力鋼板を使用し、組付け法を工夫することで実現している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる