Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ フィット試乗レポート マイナーチェンジでダウンサイザーも満足の乗り心地に

2017年8月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月29日発表、30日から発売されているホンダの基幹モデル「フィット」がマイナーチェンジした。ホンダセンシングを搭載するなど、コンパクトカーの領域を超える装備と乗り心地になり、さらなる進化を遂げたマイナーチェンジのフィットを試乗してきた。<レポート:高橋 明/Akira Takahashi>

ホンダ フィット マイナーチェンジ 試乗 フロントイメージ ルージュアメジスト・メタリック

新色の「ルージュアメジスト・メタリック」のハイブリッドSホンダ センシング

2001年の初代デビューから数えて3代目となる現行フィットは2013年に発売されている。4年たった今、大幅な改良が加えられ、先進装備のホンダセンシング、ダウンサイザーからの乗り換えユーザーも満足する高級感のある乗り心地など、注目ポイントはたくさんだ。6月末からの発売にもかかわらず、1か月で1万3000台と順調に推移している。

ホンダ フィット マイナーチェンジ 試乗 サイドイメージ ルージュアメジスト・メタリック

フィットトップグレードはダウンサイザーから求められる上質感を意識

もともと人気の高いフィットは、累計で250万台も販売をしており、独身の若年層からの支持が高いというモデルだ。おおむね40%弱が若い層というデータだそうだ。そのフィットに、先進性、スポーティさ、上質感を追及したというのが、今回のマイナーチェンジのポイントになる。

ホンダ フィット マイナーチェンジ 試乗 ラゲッジスペース

荷室の広さはライバルを寄せ付けない

フィットの特徴はセンタータンクレイアウトがもたらす、広い室内スペースと多彩なシートアレンジなどのユーティリティであることは間違いない。その普遍的な価値を維持しつつ、深化させ新しいコンパクトカーのベンチマークを作るというのがメインメッセージだという。

ホンダ フィット マイナーチェンジ 試乗 ハイブリッドL ホンダセンシング

ハイブリッドL・ホンダ センシンググレード

グランドメッセージは「人にFITする」。人の気持ちに寄り添って自分らしさ、楽しさを広げていき、ライフスタイルの幅を広げていきたいというコンセプトだ。具体的に人にFITするというのは、ホンダのMM思想が根底にある。メカ・ミニマム、マン・マキシマム。メカスペースは最小に、人のスペースは最大にというコンセプトだ。

分かりやすく言えば、パッケージングがライバルに対し、比較とはならない優れたポイントがあり、コンパクトカークラスではトップクラスであるということ。フラットな荷室、チップアップ機能による多彩なシートアレンジ、1505mmまでの長尺モノが荷室に積めるユーティリティ。そして、前席の肩周りの広さ、後席の足周りの広さ、後席頭上の広さ、荷室容量の大きさなどが特徴だ。

ホンダ フィット マイナーチェンジ 試乗 インテリア

さて、そんな特徴を持つフィットは3色のボディカラーを追加して全12色から選べる豊富なカラーバリエーションを筆頭に、エクステリア、インテリアもチェンジしている。

ホンダ フィット マイナーチェンジ 試乗 コックピット

モデルは大きく分けて3タイプ。ハイブリッドモデル、1.3L、1.5Lモデル。もちろんそれぞれにグレードが存在するが、この3つのタイプ共通なデザインコンセプトはワイド&ローだ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる