情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ダイハツ、「ムーヴ」をマイナーチェンジ! “スマアシⅢ”採用で安全・安心性能が向上!!

2017年8月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業は、軽乗用車「ムーヴ」、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジし、8月1日(火)、全国一斉に発売した。

ダイハツ ムーヴ マイナーチェンジ フロントイメージ

ダイハツ ムーヴX SAIII フロントイメージ

ムーヴ X“SAⅢ”

ダイハツ ムーヴカスタムRS ハイパーSAIII フロントイメージ

ムーヴ カスタム RS“ハイパー SAⅢ”

ムーヴは1995年にダイハツ初の「スペース系軽自動車」として誕生し、年齢性別を問わず多くのユーザーから好評を博してきたダイハツの基幹車種の一つ。2012年12月に実施したマイナーチェンジにて、当時軽自動車初となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用し、2014年12月に発売した6代目の現行モデルではダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初めて搭載し、低燃費と高い基本性能を実現するなど、これまで安全、基本性能を追求してきたモデルである。

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」を搭載(“SAⅢ”グレード)。また、4箇所のカメラにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用するなど安全・安心性能を向上させながら、『ムーヴ』を中心に価格を見直し、さらにお求めやすい設定とした点もポイント。

また、ムーヴ、ムーヴ カスタムともに内外装を刷新。ムーヴではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現。ムーヴ カスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなどによる、先進的で上質感あるエクステリア、新意匠のインパネガーニッシュなどによる上質感あるインテリアとした。その他、リヤシートのラゲージ側に、リヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させている。

ダイハツ ムーヴ ムーヴカスタム ムーブフロントシートリフト マイナーチェンジのおもな変更内容

今回のマイナーチェンジに合わせて、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」についてもマイナーチェンジを実施。ムーヴ、ムーヴ カスタムの変更内容を織り込み、安全・安心性能の向上と内外装の魅力向上を図っている。

ダイハツ ムーヴ ムーヴカスタム ムーブフロントシートリフト マイナーチェンジ 価格表

ダイハツ ムーヴ 車種カタログページ

ダイハツ ムーヴカスタム 車種カタログページ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる