情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ルノー ルーテシア シャシーカップが復活 運転好きにはたまらない感性性能の高さ

2017年7月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノー製品のスポーティグレードにポジションする「ルノースポール」ブランドには、さまざまなモデル、グレードが存在する。2017年7月6日発売された「ルーテシア ルノースポール シャシーカップ」もそのひとつだ。ルーテシア ルノースポールのマイナーチェンジに伴い、このシャシーカップに試乗できたので、詳細をお伝えしよう。<レポート:高橋 明/Akira Takahashi>

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ 箱根神社

試乗はいつもの箱根でテストドライブ

少しややこしいので、ヒエラルキーの確認をすると、ルノーのBセグメントにポジションするルーテシア(現地名:クリオ)には、エントリーグレードのゼンと上級グレードのインテンスがある。それらとは別に、ルノーのモータースポーツで数々の経験と勝利を刻んできたのがルノースポールというレーシングコンストラクターが存在する。そのなかで得た知見を市販車にフィードバックしているのが「R.S.=ルノースポール」とネーミングされているモデルだ。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ 大観山 フロントイメージ

ルノースポール シャシーカップ1.6Lガソリンターボに6速EDC

そのR.S.にもグレードがあり、ルーテシアR.S.にはエントリーグレードが「シャシースポール」、トップグレードに「トロフィー」があり、今回その中間グレードとして「シャシーカップ」が復活したのだ。このR.S.とネーミングされたモデルは、エントリー、中間、トップグレードとヒエラルキーがあるものの、前述のように、標準モデルとは異なるスポーティモデルなので、ベース車といえども高性能モデルというわけだ。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ 大観山 リヤイメージ

ホイールデザインが変更になり、リヤLEDランプになった

従ってライバルとなるのは、ポロGTIやプジョー208GTIなどで、いずれもスポーティモデルたちになる。またルーテシアR.S.シャシースポールは今回のマイナーチェンジで価格を大幅に下げ、23万9000円ダウンの284万円になった。つまり各社のGTグレードにぶつけることができるわけだ。このあたり、かなり戦略的な価格設定だ。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ コックピット

シャシーカップのインテリア

そして今回復活したシャシーカップが、従来のシャシースポールのポジションに入り、価格も同じ309万円。そしてトップグレードのトロフィーが5000円下がり329万円という価格設定をした。こうしてみると、シャシースポールが従来の性能のまま、大幅なプライスダウンをしており、ライバルメーカーのシェアに飛び込ませる戦略なのがよくわかる。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ フロントフェイス R.S.ビジョン

R.S.ビジョンというフォグランプ系が新設

さて、今回のマイナーチェンジはこのルーテシアR.S.に対して行なわれ、主な変更点はフルLEDヘッドランプ、R.S.ビジョン(LEDランプ系)、リヤLEDランプ、新デザインフロントバンパー、ホイールデザイン(シャシーカップ、トロフィー)、シート表皮が変更され、シャシースポールのみアプリ対応ラジオとなった。詳細はこちらへ

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ ホイール

新デザインのホイール。ブラックアウトされて引き締まる

いわゆるハードな部分での変更はないが、基本スペックを確認しておきたい。搭載するエンジンは1.6Lの直噴ターボエンジンに6速EDC(ツインクラッチ)。シャシー関連ではベースのスポールが標準車のルーテシアより、サスペンション、スタビライザーを強化したモデルで、そのスポールに対しシャシーカップはフロント・サスペンションが27%、リヤが20%固められている。また、サスペンション高も-3mmダウンしている。トップグレードのトロフィーはシャシースポールに対して、さらにフロントが-20mm、リヤ-10mmダウンさせている。減衰に関してはシャシーカップと同等のセッティングだ。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ メーター

2眼式のメーター。個人的には速度もアナログのコンサバでよかったと思う

また、フロント・サスペンションには全モデルに共通のHCC(ハイドロリック コンプレッション コントロール)ダンパーが装着されている。これは、ダンパーが底付きをしたときに、通常はバンプラバーに当たるが、このHCCにより、もう30mm縮むことができ、最後の最後までトラクションを掛けられるというメリットを持っている。構造的にはダンパーインダンパーをイメージすると分かりやすい。こうした技術はルノースポールのラリーから得た知見ということで、発売当時、量産車に搭載するのは初めての技術ということだ。

出力はシャシースポールとシャシーカップは同等で200ps/240Nm、トロフィーが220ps/260Nmというスペックで、トロフィーのゼロヨン加速は14.6秒、最高速度235km/hだ。

■ルノーのシャシー技術

走行性能関連ではR.S.デフと命名しているコーナリング制御技術がある。特にデファレンシャルギヤを制御しているわけではなく、いわゆるコーナリングブレーキ機能で、デフ効果をもたらすものだ。4輪タイヤの回転差などを常に監視し、駆動輪の前輪左右間に大きな速度差、つまりトラクションが減ってきていることを検知すると、グリップを失いかけている駆動輪にブレーキをかけ、グリップを復活させる。その際、エンジン出力は絞らず、そしてESCが作動する前にこの制御が働くことになっている。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ R.S.ドライブ ドライブモード切り替えスイッチ

ドライブモードの切り替えR.S.ドライブ

もちろん、R.S.モードというドライブモードも用意されている。ノーマル、スポーツ、レースという3種類で、レースモードがあるあたりがルノースポールらしい部分でもある。つまり、ESCは完全解除されドライバーコントロールにゆだねられるのだ。

ルーテシア ルノースポール シャシーカップ 固定式パドルシフト

パドルシフトはステアリングポストに固定されるタイプ

6速EDCのシフトスピードもモードで変化する。もともとがツインクラッチであるため、ノーマルでも0.2秒でシフトされるスポーティさがある。これをスポーツモードにすると0.17秒へと変化し、レースモードではさらに短く0.15秒でシフトするように変化する。

もちろん、シフト速度だけでなく、ESCの介入タイミングの変化やアクセルレスポンス、パワーステアリングのアシスト量の変化なども同時に行なわれる。また、マルチシフトダウン機能もあり、左のパドルシフトを引きっぱなしにしてコーナーへ進入すると、自動でシフトダウンする機能もあるが、こちらは一般道ではなかなか体験できない。サーキットなど限定的な場面では有効な機能だ。

今回のマイナーチェンジで外観で目を惹くのは、R.S.ビジョンというフォグランプ類のデザインが変更され、目立っている。チェッカーフラッグをモチーフにしたデザインには、フォグランプ、コーナリングランプ、デーライトを兼ねたポジションランプ、そしてヘッドライトとは別のハイビーム機能をもったランプだ。こういった装備もナイトラリーなどからの経験を生かした装備なのだろう。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる