情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産 2017年度台1四半期の決算を発表

2017年7月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2017年7月27日、2017年度第1四半期(4月〜6月の3ヵ月間)の決算を発表した。

日産 2017年度第1四半期決算発表

2017年度第1四半期の連結営業利益は1533億円、連結売上高は2兆7604億円。当期は総じて想定通りの業績となっていて、今後も継続的な新車攻勢により収益性の向上を見込んでいる。

中国合弁会社に持分法を適用した2017年度第1四半期の財務実績は下の表の通り。連結営業利益は、おもにカルソニックカンセイ株の売却による条件の変更に加え、為替変動および原材料高騰が影響し、前年比12.8%減となっている。当期純利益は、1.1%減となった。

日産 2017年度第1四半期決算

中国合弁会社の業績を比例連結した会計基準では、営業利益は1857億円。売上高は3兆300億円、売上高営業利益率は6.1%となっている。

またグローバル販売状況は、5%増の135万1000台。国内販売は軽自動車の販売再開や、「ノート e-POWER」、「プロパイロット」を搭載した「セレナ」など登録車の高い人気に伴って、45.6%増の13万1000台を記録。これは市場占有率に直すと2.6ポイント増の10.9%となる数字だ。また米国における日産の販売台数は、「ローグ」や「ローグスポーツ」などのSUVが好調で、1.2%増の40万3000台。市場占有率は0.4ポイント増の9.1%となっている。また会計年度が暦年ベースの中国では、販売台数は5.3%増の31万4000台。市場占有率は4.7%。ロシアを含む欧州では1.1%増の18万5000台。その他の市場では1.2%増の18万8000台となっている。

なお2017年度通期では、グローバル販売を583万台と予想。連結売上高は11兆8000億円、営業利益は6850億円、純利益は5350億円を予想している。

またルノー・日産アライアンスの2017年上半期の累計販売台数は、過去最高となる526万8079台を記録している。これは新たにアライアンスに加わった三菱自動車の販売が貢献したもの。EVの累計販売台数も48万1151台と大幅に伸びている。

ルノー・日産アライアンス 会長兼CEO カルロス ゴーン氏
「アライアンスは2017年上半期に526万8079台を販売し、過去最高の販売台数を達成しました。私たちは引き続きアライアンスのスケールメリットとグローバル市場におけるプレゼンスを活かして、パートナー企業に貴重なシナジー効果をもたらすとともに、競争力の高い技術ラインアップを維持しながら、お客さまに画期的なEVモデルを提供します。拡大したアライアンスは、販売台数の増加に加え、世界中のお客さまに次世代モビリティサービスを提供することで、ポテンシャルを最大限に発揮することができるでしょう」

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる