情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ZFグローバル試乗会レポート vol.2 未知の体験が続々と

2017年7月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回からレポートする内容はZFのビジョン・ゼロに向けた「see ,think, act」というキャッチワードに対する、具体的な技術を体験したものだ。「see」は言うまでもなくセンサー技術でカメラや、レーダー、ライダーなどで捉えた事象を「think」=アルゴリズムによって解析し、どんなアクションをしなければならないかを考え、「act」シャシー技術で危険回避、自動運転へとつなぐZFのビジョンだ。<レポート:高橋 明/Akira Takahashi>

ZFグローバル試乗会レポート vol.1 自動運転、EV化への未来像
ZFグローバル試乗会レポート vol.3 ZFが開発を進める自動運転はレベル2、3の強化とレベル4までの道程
ZFグローバル試乗会レポート vol.4 データで動かすシャシーコントロールの世界

ZF ビジョン・ゼロ テストカー

リヤタイヤが逆位相に切れているのが分かる

最先端技術がてんこ盛りの車両ということで、センサー系ではドライバーの監視や、車線、標識の認知、そしてそれらの情報を処理して、シャシーに伝える。そのシャシーにもリヤ操舵機能とそのモジュールが装備され、ZFのビジョン・ゼロへとつなぐソリューション群ということなのだ。

■革新的モデル「Vision ZERO vehicle」

ビジョン・ゼロヴィークルはZFが提案する革新的な車両で、「ドライバー・ディストラクション・アシスト」(ドライバーの不注意運転による事故を防ぐこと)や、「ロングウエイ・インヒビット」(車線逆走やそれによって引き起こされる死亡事故を防ぐためのソリューション)を搭載している。

ZF ビジョン・ゼロ テストカー ビジョン・ゼロヴィークル

最先端の技術が満載されたビジョン・ゼロヴィークル

ドイラバー・ディストラクション・アシストはドライバーの目を監視し、不注意を認識し、ステアリング操作を自動で行なう。学習能力を持たせたレーザーTOF(time of Flight=光測距)カメラが搭載され、ドライバーのよそ見など頭部の位置を3次元画像で監視。ビデオカメラとは異なり暗い状態でも有効なものだ。

レーザーTOF(time of Flight=光測距)カメラ ドライバーの目や頭の位置を3D画像で監視

ドイラバーの目や頭の位置を3D画像で監視

例えば、ドライバーが道路から視線を外すとすぐにシステムに伝えられ、危険な状態の場合、中央ディスプレイに表示、音声信号、シートベルトの引き締めを行ない、ドライバーに警告する。同時にスタアリング操舵も自動で行なわれ、カーブでも車線は維持される。それでもドライバーが反応しない場合には、システムはスロットルを閉じ、安全な場所に車両を停止させる。

ビジョン・ゼロ 自動操作

逆走防止機能は、進入してしまった場合、自動で路肩により停止する

もうひとつの機能はロングウエイ・インヒビット(wrong way inhibit=逆走防止)。重大事故につながる車線の逆走を防止する機能で、高速道路への逆走進入はなにも日本だけに限った事故ではない。アメリカやドイツでも起きているという。

このシステムは視界不良や方向感覚の喪失、不注意などからドライバーが高速の出口から進入しそうな場合、即座に反応する。システムはまず、音声、シートベルトの振動、ダッシュボードのディスプレイ表示によって警告を発し、さらにステアリングの抵抗を大幅に強めて、ドライバーに方向が間違っていることを伝える。それでもドライバーが修正せず、逆走しようとすると、車両制御により車線の端へ誘導走行し、歩行速度まで減速した後で停止する。さらに、ヘッドライトとハザードランプを点滅させ、対向車に知らせる措置を行なう。ドライバーが操作できるのは、リバースに入れ危険な場所からの脱出する操作のみに限定される。

これらの認識はいくつかのセンサーによって正しい走行路と走行方向を認識し、クラウド経由で常時更新される高精度マップ、そして前方カメラシステムで道路標識、路面標示が認識、解析されている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる